震災  安否の問い合わせ方法

0
     震災のたびに、電話回線や携帯電話がつながらないという報道を聞きます。
    下記のブログに、一般の方々が利用できる伝言や安否情報の連絡先一覧が載っていました。http://muginosukenotes.com/
    転載して紹介します。
    ****************************************

    地震被災地へ連絡をとりたい方へ

    拡散希望の情報として友人のmixiにありましたものを転載します。完全なコピペではなく、わたしの判断で多少改変しています。

    ーーーーーーーーーーー
    電話回線には限りがあります、なるべく現場への安否確認の電話はやめましょう。 

    公衆電話、無料化

    グーグルが Person Finder: 2011 日本地震 を立ち上げました。 http://bit.ly/ebNMey 

    災害用伝言ダイヤル「171」
    ◆被災者の方 
    1.伝言ダイヤル「171」を押す。 2.自宅の電話番号を押す。 3.伝言を録音する。
    ◆安否を確認したい方 
    1.伝言ダイヤル「171」を押す。 2.安否を確認したい方の電話番号を押す。 3.録音された伝言を再生する。 

    ▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス 
    http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html 

     伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県 

     PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

    ▼KDDIの災害用伝言板サービス 

     EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。 

     安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/

    ▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板 
    http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html 

     Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。 

     安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/

    ▼NTT東日本 
    http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html 

     災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。 

    ▼ウィルコムの災害用伝言板 
    http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html 

     ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/

     他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/

    ▼イー・モバイルの災害用伝言板 
    http://emobile.jp/service/option1.html#saigai 

     アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。 

     安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/
    ーーーーーーーーーーー
    以上です。


    洋風のおたま(玉子型) 2種 

    0
      おたま 横
       玉子型のおたまはちょっと洋風で、シチューをすくうのに最適。持ち手を、玉子のとがった部分の反対側につけた右側の形が一般的です。左の方は待ち手を玉子の横につけて、しかも角度を斜めにすることで、注ぐ時に手の振りをなくし、手首の回転だけで注ぐ事ができるタイプです。使ってみると、とても機能的なことがわかります。写真は右手用ですが、左手用も出来ます。

       鍋の中に入れたままにしますと、持ち手まで熱くなりますので、調理用にはむいていません。食卓で銅鍋にあわせて使っていただきたい小物です。 

       どちらのタイプも通常、柄の長さを27cm ぐらいにしていますが、もちろん好みの長さをオーダーできます。変わった注文では、お豆腐をすくいやすいように先を平にとか、湯豆腐のお湯が落ちるように穴を7つあけてほしい、などというのもあります。 

      税別本体価格 ¥8,000    常時作っています

      JUGEMテーマ:アート・デザイン




      ベストセラーの片手鍋 深型 4カップ用

      0
        片手鍋 深4カップ

        30年以上およぶこの仕事を通じて、一番たくさん作ったものと思います。もちろん、作品総数が3700個あまりですから、そのうちの1〜2割がこの片手鍋だとしても、大きな鍋工場であれば一日で作ってしまう数でしょう。つくづく鍛金という仕事は、素材よりも技術よりも何よりも「時間」の物質化作業ですね。行き着くところ、鋭い感性や磨き上げた技術なんてどうでもよくなって、時間の流れにまかせて動いている腕と鎚だけが残りそうです。もっともこれは遠く予感するだけで、一番たくさん作った鍋でさえ、作るたびにどこか無理にクリアしなければならない工程があります。 

        さて、この鍋の容量はすりきり約1.2リットル。実用上は4カップというところです。口径が約13cm、深さは約9cm。行平型の片手鍋より口径を絞り、深くしているので、ミルク沸かしに最適です。食卓で邪魔にならないよう、コクタンの持ち手は角度を上に向け、短くコロンとした形にしてあります。むらなく温まるように底は角のない丸い形状。牛乳はとても美味しく温まります。

        スープ、みそ汁、ゆで卵・・・・、毎日何度も使う事でしょう。 コーヒー・ドリッパーと組み合わせて使う 人も多く、鍋の口径に合わせてドリッパーの台座を作ります。あらかじめ分量のミルクを温めておいたり、落としたコーヒーを温め直すのにぴったりです。 

        写真の4カップ用で¥47,250 ( 本体 ¥45,000 ) です。 小振りな3カップ用 ¥42,000 ( 本体 ¥40,000) もあります。

        JUGEMテーマ:アート・デザイン





        JR名古屋タカシマヤ 個展 2011年2月2日(水)〜8日(火)

        0
                 寒中お見舞い申し上げます。
            夏が暑いと冬が寒くなるとよく言われていますが、この冬はあたっているようです。こちらではマイナス10〜15度の朝が続いています。内陸のため、雪はさほどではありませんが、日本海側では豪雪にご苦労されていることでしょう。
            仕事場の移転も無事すんで、ひたすら作り続ける毎日です。連絡先は、住所の最後の部分が「長倉 古宿4428-1」から「長倉 大日向5692」に代わる以外、そのままです。

           今年最初の展示会です。JR名古屋タカシマヤは開店直後に一度展示して以来、10年ぶりになります。交通の便もよく、ショッピングだけではなく、ティータイムやお食事にもおすすめのところです。寒い中ですが、節分・立春の気配をちょっと楽しみにお出かけください。

           JR名古屋2
          JR名古屋1
          JUGEMテーマ:アート・デザイン

          小振りな花入れ No.3638

          0
            3638花入れ 展示会などで酒器を見て、花入れとして使いたいという客様がかなりいらっしゃいます。中に食べ物や飲み物を入れる銅器の場合は内側に錫引きします。花入れでは、銅の殺菌力を生かして水が腐らないように、内側は銅のままで仕上げます。酒器と花入れを兼用するのは望ましくはありません。

             そこで、同じイメージの花入れを作っています。  これは少しスリムで小振りに仕上げたものです。小さいながらも重さが250g あって、一輪挿しとして充分な安定感があります。   
             
             口径は45mm 、高さは144mm で、上部は銀ローを流し、荒らした感じの鎚目を打ってあります。

              税別本体価格 ¥16,000  
             大小ご希望のサイズも可能です。

            JUGEMテーマ:アート・デザイン

            仕事場移転予定のお知らせ

            0
              101203虹.jpg
               
               年末年始に仕事場を移転します。これまでの所を借りてから8年がたちました。国道に面していて便利な場所でしたが、次第に道具も増え、ゴミも増え、今や床が2割ぐらいしか見えない状態になってしまいました。  移転先は2km弱の距離で、標高はちょっと高くなります。浅間山の火砕流の傾斜地にあり、戦後の開拓地です。

               しばらく電話とFAXがつながらなくなりそうですので、お急ぎの連絡は携帯電話 : 090-4180-2478 へお願いします。お手紙は : 389-0111 長野県 北佐久郡 軽井沢町 長倉 大日向 5692 へ、お願いします。

               写真は、まだ本格的に雪化粧する前の浅間山をまたぐようにかかっていた虹です。雨上がりの朝ですが、浅間山の上部はまだ雲の中です。本年も残り5日。何度かの寒波で、朝方はマイナス10度ぐらいに下がるようになりました。皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいますよう・・・。

              今年最後の展示 銀座 ギャラリー江 二人展が始まりました

              0
                ギャラリー江看板
                 
                 昨日16日から、白磁の奈良千秋さんと定例の二人展が銀座のギャラリー江で始まりました。いつもでしたら、歌舞伎座の隣とご案内するのですが、今年は建て替え工事で歌舞伎座がありません。納品のために車で出かけた私自身が、曲がり角に気づかずに築地まで行き過ぎてしまいました。現場のフェンスには、役者の浮世絵が張られています。歩道に置かれているギャラリーの看板を目印にお出かけください。

                 不景気とは言え、クリスマス直前の銀座は大勢の人が行き交っています。昔のように、何人ものサンタ姿がプラカードを持って歩いていたり、大声で騒ぐ集団は見かけませんが、それでも華やいだ空気は感じられます。鍋仲間の『社会鍋』によって、それから信州では手に入らない BIG ISSUE を買うのを楽しみにしています。 

                ギャラリー江会場

                 会場の真ん中に、DM に写した2点を展示しました。私は11時半頃から夕方6時ぐらいまで会場にいます。お忙しい時期ですが、近くにお出かけの折りにはどうぞお立寄り下さい。


                会期中は会場にいる予定でしたが、途中4日ほど事情がありまして欠席いたしました。その間にお出かけの方々には失礼しました。会期は終了しましたが、1月15日頃まで会場には引き続き展示してあります。12/29~1/5 はお休みです。酒器や盛り器、茶器などお正月向きの道具や鍋料理の道具など、この季節にぴったりのものが多数あります。
                   お問い合わせはギャラリー江、電話03-3543-0525 。

                JUGEMテーマ:アート・デザイン

                花入れ No.3740

                0
                  3740花入れ  
                   新雪の中に出来上がったばかりの花入れを置いてみました。野の花はすでに枯れてしまい、とりあえず鉢植えから一輪失敬。いつも地味になりがちな銅の花入れですが、ちょっと存在感をもたせてみました。好みが分かれるところでしょう。 

                   真鍮の円は直径が226mm、花入れ部分の高さは100mm。口径 46mm、重さ 426g。                  税別本体価格 ¥24,000

                   
                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                  小さな茶筒 No.3648

                  0
                    茶筒 No.3648  
                     銅の表面に高温で銀ローを流して、鎚目を打ち込み、さらに軽くつぶした表面は渋い光沢を放ちます。このような加飾のねらいは美しさだけではなく、毎日手にする道具に汚れや傷がつきにくく、滑らないという効果もあります。   

                     直径が52mm 高さが64mm 重さは160g 小さいながらしっかりと重みがあります。数回分の茶葉が入る大きさで、小出しにして食卓においたり、茶道具とともに盆で運ぶにも手頃なサイズです。                            税込み価格 ¥31,500.

                     
                    JUGEMテーマ:アート・デザイン

                    つる花入れ 大 No.3421

                    0
                      3421つる花入れ 大.jpg  
                       
                       重さが1kg をこえる、どっしりとした花入れです。直径は8cm 本体高さ15cm つるの上端までは28cm になります。実がついた大振りの枝を生けても安心です。つるを倒せば、シンプルな形に。生けるものや場所によって使い分けてください。筆立てに使ったり、きれいな団扇を立てたり、自由な発想を楽しめます。 頑丈な作りで、数百年後には「ご先祖様伝来の花瓶」になっているかもしれませんね。 

                        税込み価格は ¥26,250 他にも、サイズは中・小があり、高さもお好みでオーダーできます。  

                      JUGEMテーマ:アート・デザイン


                      Profile

                      Calender

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      Recent Entry

                      Category

                      Archives

                      Comment

                      • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
                        ひろ
                      • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
                        ひろ
                      • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
                        あい
                      • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
                        noriko hashimoto
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        寺山
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        大阪のoyaji様

                      Links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM