明日11月27日から、伊勢丹新宿店で展示します       明天11月27日,在伊势丹新宿店5楼 我开始展览铜锅和铜器

0

    明日11月27日から1週間、伊勢丹新宿店5階話食器売り場で展示します。

    明天11月27日,在伊势丹新宿店5楼 我开始展览铜锅和铜器

    2019伊勢丹DM

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    ゆっくり鑑賞する間もなかったイチョウの鮮やかな黄色       歴史の彼方?から再登場したフォンデュー鍋

    0

      2019秋色イチョウ この写真を撮ってからすでに3週間ほど経ってしまいました。歳とともに時の立つのが早くなりましたが、展示会前はトップギヤーに入れたようなスピードに。時間よ停まれ!その間に仕事を、なんてことはありえないので、なにかの時間を削るしかありません。さて何を・・? しばらく、このブログ更新の時間をけずっていました。これも仕事のうちなのですが・・。

       軽井沢ではあまり植えられていないイチョウの木です。先日紹介したサンショウと同じ場所で、周辺の紅葉に対抗するように黄色が輝いていました。背景のカラマツ林は、色の変化が早かったのですが、鮮やかな黄色にはならずに黄土色から、現在はほとんど散ってしまいました。

       

      5036フォンデューセット

      こちらはほんとうに久しぶりの制作となるフォンデューセット。10年ぶりどころではない、歴史的遺物の再現? 遊びの要素が強い楽しいものも増やしたいのですが、レギュラーに作っている機能性重視のものたちに追われて、なかなか手が届きません。その後、いくつも作ったつる鍋のシリーズに合わせて、つると取り付け金具をシンチュウに変えました。ついでに小さなフライパン形の火皿の持ち手もシンチュウに。ちょっとだけおしゃれな感覚を足してみました。チーズフォンデュー用の鍋ですが、実用上4カップぐらい入りますので、ほかの用途にも応用できます。クリスマスと正月に向かうこの季節にぴったり。ふだんはチョコやキャンディー、ドライフラワーでも入れて、部屋のアクセントになりそうです。
       

      No.5036  フォンデューセット 

      つる鍋は直径158mm 折り返し部分までの高さ78mm 同容量約1リットル 重さ635g

      つり台は底径175mm  全高272mm  重さ486g  火皿重さ62g                

      セット総重量1.18kg    税込価格 ¥93,500

       

      JUGEMテーマ:アート・デザイン


      連日氷点下3度前後の朝に舞う里の初雪   No.5033 片手鍋 浅型3カップ用

      0

        2019秋色カエデ1昨日午前中、外に出たらなんと雪が待っています。11月20日に初雪です。昔から、浅間に七たび雪が降ると、いよいよ里も雪になると言われていますが、下から見上げた浅間が白くなっていたのは一度しか確認できませんでした。今年は紅葉の順番が例年と違うと書きましたが、季節の移り変わり自体、順序が狂っているように感じます。すでに氷点下3度前後の朝が続いています。どんな冬に向かうのでしょうか。先年苦しめられたような、1mを越す大雪なんてことがないといいのですが。(この記事を書いた後、今日の最低気温は05:41にー4度。観測点より標高が高い私の仕事場はもっと低いでしょう)

         

        この写真も2週間ほど前のもの。今はほとんど散ってしまいました。その一方で、国道沿いに植えられたカエデの中には、まだ緑が残るものがあります。なぜか、その並木のカエデはあまり黄色くならずに、緑からいきなり赤に変化するものがほとんどです。
         

        5033片手鍋浅3

        この片手鍋もずいぶん前に鍛ち終えて、持ち手をつけるばかりになっていました。鼻の穴が真っ黒になるコクタン削りをサボっていたせいです。やっと仕上がってお目見え。来週の展示会をひかえて、仕上げにかかるものがまだいくつかたまっています。

        No.5033  片手鍋 浅型3カップ用  口径133mm  本体高さ75mm  持ち手部全長145cm 

          すりきり容量約1リットル 全重614g       税込価格 ¥41,800

         

        JUGEMテーマ:アート・デザイン


        カエデ紅葉の色変化  No.5035 コーヒードリッパー

        0

          2019秋色カエデ2道路から仕事場に入る角に立つカエデですが、写真は半月以上前の状態です。後ろはアカマツとモミの緑。カエデの紅葉は、緑から黄色、赤と変わっていく様が、一本の木で見られる状態が好きなのですが、中には黄色くならずに緑に赤茶色が混じっていき、そのまま濃い赤に変化する木もあります。微妙な遺伝子の違いなのか、わずかな環境に違いなのか、その原因は解りません。

           

          今年はずいぶん早くから紅葉し始めて、場所によってバラバラに色づいている印象です。気温の上下や台風などの気象条件の影響が、場所によって異なったのでしょうか。一斉に同じ色に変化するのがいいとは感じないので、むしろ違う顔を楽しんで、その原因を推測しています。例年、紅葉のラストバッターになるカラマツは、かなり早くから黄土色に変化して、明るい秋に日差しに映えています。

           

          5035コーヒードリッパー

          片手鍋の深型に続いてコーヒードリッパーです。バブル景気の頃ほどの売れ行きではありませんが、あれば確実に売れていきます。決して使いやすい、簡単便利な道具ではありませんが、静かに流れる香りと時間を楽しむ道具です。機械仕掛けで出てくるコーヒーと違い、お湯の注ぎ方など自分なりの作業を楽しむ過程があります。

          No.5035 コーヒードリッパー  全高188mm  下に置く鍋やカップの直径は128mm以内

           全重482g        カリタ社の2〜4カップ用紙フィルターに合わせています。

           税込価格 ¥44,000

           

           

          JUGEMテーマ:アート・デザイン


          この木なんの木・・・?   No.5034 片手鍋 深型3カップ用

          0

            2019秋色サンショウこの20年ほど、テレビのない暮らしをしているので、「この木なんの木、気になる木・・・」と歌っていたコマーシャルが今も続いているのか知りません。孤として堂々と、あるいは飄々と立つ姿を見かけると、ウ〜ン、おぬしやるな!と声をかけたくなります。身を寄せ合っている林や森の樹々とは異なる気が発せられているようです。この木はなんの木?よほど拡大して見ないとわからないかもしれません。小高い土地の上に立っているので大きく感じますが、高さは3mあまり。実はサンショウの木なのですが、このようなロケーションに植えられていることはあまりないでしょう。緑の間も、葉が落ちて冬枯れの姿でも目立たない、この一瞬だけ輝いている、そんな木です。

             

            5023片手鍋深3

            だいぶ前に仕上がっていたのですが、ブログの更新をサボっていました。ベストセラーの一角ですので、いつでも在庫がないといけないのですが、品不足でヒーヒー嘆いています。来週の伊勢丹展に出しますので、直接のオーダー、旧軽井沢のDark Eyesのお客様、いましばらくお待ちください。

            No.5034 片手鍋 深型3カップ用  口径125mm  本体高さ78mm  持ち手部全長131mm

              重さ619g   すりきり容量約950ml         税込価格 ¥44,000

             

            JUGEMテーマ:アート・デザイン


            11月27日〜12月3日 伊勢丹新宿店 展示販売のお知らせ

            0

              台風直後から1ヶ月間、当サイトの更新をサボっていました。申し訳ありません。その間に周囲はすっかり晩秋の景色に変わり、時が経つのの早さに呆然。次に展示会が迫る中、ありもこれもと作りたいものに手をつけながら、最後の仕上げを後回しにした結果、制作途中の作品ばかりがたまっています。これから1週間、ひたすら仕上げにかかります。

               

              2019伊勢丹DM

               

              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              作業場の屋根が壊れた台風被害ですが、結果的には軽微な損害。

              0

                 

                台風避難

                今回の台風、水による被害が目立ちます。前の台風のように、強風で屋根が飛ばされるケースはあまり目立たないようです。報道されていないだけなのか、前回の台風で弱い屋根はすでに壊れてしまっていたのでしょうか。私の作業場は台風がまだ南にあった時点での風で(中心が東に移ると100km以上離れた西側は意外に風が弱かった)プラスティック波板の屋根が壊れて飛んでしまいました。もともとかなり劣化していて、大雨の時はたびたび雨漏り。内側に薄い半透明のプラスティック板を平行して貼っていたので、雨水は両側の壁に流れ落ちています。しかし、強風が続けばその天井板も簡単に飛ばされて、内部は土砂降りになることが予想されたので、雨の中でも動かせる道具類は母屋に運び、運べないものは比較的屋根が丈夫な右半分に移動。材料の銅板類は濡れても平気ですし、風で飛んで行ってしまうこともないので、そのまま。気休めですが間にブルーシートを下げて、あとはなるようにしかならんと覚悟。写真は一夜明けた台風一過の作業場。とりあえず被害は最小におさまり、屋根は応急処置。近々きちんと波板をはりなおさなければなりませんが、上に乗ればバリバリ壊れる劣化した状態なので、修復方法を少し検討する必要があります。火事場の馬鹿力で運び出した道具類はほとんどが鉄の塊。戻す時には力が入らずなんとも重い。4時ごろやっと仕事再開でした。

                 

                作業場の全景をご紹介するのは初めてですが、最悪の状態をお見せすることになってしまいました。夢と幻の芸を売る仕事、本来は舞台裏をお見せするものではないと考えています。かっこよく言えば、作品だけで勝負。伝統的技術であろうが最新のハイテクであろうが、多くの人々の願望に寄り添うとか作家の思いがこもっているとか、背景は売り物じゃなく、その作品を買って使いたいと思うたった一人のお客様と作品をはさんでの対話です。ならば、仕事場など見せなければいいのですが、今回は対話を続けてきた何人かの方からご心配いただき、多少具体性のあるお答えとなるよう恥を晒して・・・です。

                 

                JUGEMテーマ:アート・デザイン


                三越銀座店 展示終了  一夜明けて、秋色深まる今朝の気温は5度

                0

                  秋色2019a昨日で、三越銀座店の展示は終了しました・・・が、あと1週間は売り場裏に残品が取り置きされています。今回は、消費税の増税直後で、中国の国慶節にあたるため、観光に来られた中国人のお客様ばかりかと予想していましたが、売り上げは意外に日中半々という結果でした。何事も、OO一色というより、多様でバランスよくという方がいいですね。欧米系の観光客もラグビーのせいか、たいへん多かったのですが、銅鍋の売り上げにはつながりませんでした。しかし、見ていったお客様の中ではもっともフレンドリーな印象で、私のへたな英語を聴きながら作品を楽しんでいました。ご来場の皆様、お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。

                   

                   東京はまだまだ暑かったのですが、今朝の軽井沢は最低気温が5度。一気に秋本番に突入という感じです。植物はそれぞれバラバラに色を変えていきますが、全体は穏やかで渋い秋色の取り合わせ。何色が秋を象徴するということではなく、全体のバランスが「秋」ですね。

                   今日から次の伊勢丹新宿店展示(11月27日〜12月3日)に向けて、猛烈に制作開始です。そんな中にも、なんとか秋を楽しむ時間もつくりたいと思っています。

                   

                   

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  銀座三越店 展示最終日です    三越银座店 手工的铜锅 展示 最后一天!  

                  0

                    三越銀座店の展示は今日が最終日です。皆様のおいでをお待ちしています。

                     

                    20191001銀座三越DM


                    倒れたって咲いてみせるぞ!    No.5027 両手鍋 銅蓋基本形

                    0

                      シオン2019b風に倒されたシオンの若い株が、地際で咲いています。どおってことのない光景ですが、背筋をのばし凛とした姿の女性を思わせるシオンとしては、しなだれかかって上目遣いに姿勢は不本意かもしれません。これは、人間の勝手な想像。生き物としては、命ある限り花を咲かせようとするのは当たりまえ。倒れたって、諦めちゃあおしめーよ!って。などと、ハナから教訓では、若い人に嫌われそう。

                       

                      背が高いと、植物にとって得なことも・・・太陽光をたくさん浴びて活発な光合成、目立つので虫が寄ってきて受粉しやすい、風に乗って種を遠くまで飛ばせられる・・・かといって、背丈の低い植物がいじけているかというと、けっしてそんなことはないですね。しっかり、はびこっています。

                       

                      5027両手鍋基本形展示会前、最後に作ったのはちょっと大きめの両手鍋 銅蓋基本形。すこし、深めに仕上げました。たっぷりの汁物向きの道具です。

                       

                      No.5027  両手鍋 銅蓋基本形 口径200mm  高さ102mm

                       全高215mm  全重2.03kg   税込価格 ¥132,000

                       

                      JUGEMテーマ:アート・デザイン

                       



                      Profile

                      Calender

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      Recent Entry

                      Category

                      Archives

                      Comment

                      • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
                        ひろ
                      • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
                        ひろ
                      • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
                        あい
                      • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
                        noriko hashimoto
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        寺山
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        大阪のoyaji様

                      Links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM