まだまだ続く寒さ、氷点下7度の春  まだまだ続く酒器の制作

0

    4月の霜カテゴリー欄2番目の「在庫一覧」を、2月の三越銀座店展示出品の際に閉じたまま、公開するのを忘れていました。両手鍋銅蓋タイプなどは在庫がほとんどなく、オーダーになります。

     

    毎年暖冬だと言われて、「地球温暖化説」の人たちを勢い付けています。今年も暖冬という報道があって、暮らしの実感とは少しずれている気がしていました。確かに氷点下15度より下がる大寒波はありませんでしたが、いつも寒く、いつまでも寒い。東京の桜開花便りを読むと、決して例年より早くはない。もちろん、こちらではまだまだひと月先のことです。

     

    4月に入っても連日氷点下7度を下回る早朝。雪も降れば、霜もカラマツの梢に輝いています。3月中旬に一度融けてぬかるんだ地面が、再び硬く凍土と化して、芽吹きを押しとどめてしまいました。春一番の若菜摘みといえば、この辺りではナズナですが、とても摘んで食べるほどにはならず、スーパーで売られていたものはすでに大きく伸びて香りもイマイチです。フキノトウが春の雪から頭を出していました。
     

    4946〜4960酒器大小

    前の記事の分も含めて、今月10日に開店予定のお店に納品する酒器の半量をやっと送り出しました。まだまだ続きます。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     


    2週間の間にすっかり春?  ひたすら続く酒器の制作

    0

      ロウバイ201903前の記事から2週間が経ってしまいましたが、その間に昼間はすっかり春景色に。しかし、朝方は今も氷点下6〜3度に下がります。日が長くなって、花はいっせいに咲き始めましたが一昨日はその上に雪が。スギ花粉も飛んでいますし、なんだかバランスの悪い日々。春爛漫の浮かれ気分には程遠く、納期の迫ったオーダーに埋もれています。他のオーダーが後回しで気にかかるだけではなく、作業も単調で作りたいものを夢想するばかり。冬篭りに向かう季節ならそれも良い気がしますが、これから生命が湧き立つような春には向かない状態ですね。

       

      4940〜4945酒器大小
      新しく開店するお店に並ぶ姿を想像しながら出荷。内の一つは旧軽のギャラリーにいきました。

       

      JUGEMテーマ:アート・デザイン


      春の雪で浅間山は化粧直し  No.4939 酢重鍋 大

      0

        浅間山化粧直し201903

        3月に入ってから何度目の雪だろうか。3〜4日ごとに降っているような気がします。浅間山は雪解けで露わになった小皺が綺麗に雪化粧で隠されて、朝日に輝いてます・・・これもいっときの幻ですが。暖国では菜の花が咲く菜種梅雨と呼ばれる前線の影響でしょう。前線に向かって北から風が吹きこむと、昨日のように氷点下8度なんてことになります。風にスギ花粉が舞い、標高で200mほど下った岩村田にある税務署には長居したくない。以前発表された「長者番付」に載るような人は鼻高々で税務署に行ったのかもしれませんが、3〜4時間待ちがあたりまえになっている税務相談の行列に並んで、くしゃみ連発を想像するだけで恐ろしい。計算と記載に20時間ほどかけて、申告書類を仕上げて提出すればいいだけの状態で持っていきます。税金というのは、とられれば悔しいし、とられないほど収入が低ければ情けないしですが、まずは終わったことだけでも良しとして夜は一杯。

        4939酢重鍋大

        雑用に追われながらやっと仕上がった大鍋。海外で開店するレストランに行くようです。今月中にあと一つ。その後、酒器の大小7個ずつというはずでしたが、昨日の話では20個ずつという。ううううっ? 途中まで取りかかっている個人のお客様のオーダーが、しばらくは仕上げられそうもありません。ごめんなさいですが、それはそれでいい加減に仕上げるわけにはいきませんし、なんとか足りない時間をやりくりするしかありません。今朝も3時起きです。

        No.4939 酢重鍋 大 直径20.8cm  高さ11.5cm  全高約22.5cm  全重2.49kg

         

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

         


        春の雪はベタベタと着雪する  両手鍋 丸縁木蓋 No.4938

        0

          春3月は雪の季節。一昨日午後から降り始めて、3時間ほどで雨に変わりましたが、昨日はときどき雪になったり、雨で融けたり。夕方から雪の方が多くなって、今朝は4〜5cmの積雪です。気温が高いためにベタベタの雪で、地面より梢にたくさんついています。常緑広葉樹がほとんど無いので、枝が折れることはありませんが電線や電車の架線に着雪すると、思わぬ被害が発生しそうです。

           

          軽井沢でも、仕事場のある位置より標高が100mほど低いところでは、すでに福寿草が咲いていましたが、仕事場周辺ではこの雪が消えるまで、しばらくお預けになりそうです。残雪を割って咲くところでも撮りたいと思いますが、そんな時間がない。偶然の出会いに委せるしかありません。

           

          オーダーの仕上げです。鍋料理、煮物、揚げ物、オーブン料理などに使える形と、欲張ってみました。あまり多機能を追求すると、デザインが崩れることがありますが、この両手鍋はスッキリとバランスが取れた姿に仕上がりました。

           

          No.4938 両手鍋 丸縁木蓋  

           外径24.1cm  内径21.6cm 高さ6.8cm

             折り返し部分までの容量約1.7リットル

           重さ1.19kg   

           税込価格 ¥64,800

           

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

           


          単調に見えるコケの複雑な繁殖行動  海外へ出かける酢重鍋 大 No.4937

          0

            苔20190223

            2月の半ばにくらべると、確実に暖かくなって、朝方の気温は5度ぐらい上昇しました。暖かくなったと言っても、氷点下5〜6度まで下がりますので、東京の真冬より寒い。しかし、朝の5時間を我慢すれば、昼間の日差しは確実に強くなって、金鎚振っていてもついついうつらうつらと睡魔様がやってきます。

             

            一年中、あまり顔色を変えないのがコケたち。乾くと多少不機嫌な顔色になりますが、寒さには平然としています。湿ったところにただ増殖していく単純な一生と思われがちですが、その繁殖行動はかなり複雑です。普通に見られる状態は「配偶体」と呼ばれ、そのうちに卵子と精子を作って、それが受精して胞子体に変化し、胞子をばらまき、その胞子が配偶体に成長します。花が咲いて虫たちが飛んでくる植物に比べると、秘めやかにされどダイナミックな繁殖活動をしているようです。

             

            また、酢重鍋大の仕上げ。海外に開店する酢重レストランで使われるらしい。両手鍋銅蓋タイプは、展示会で中国からの旅行者に買っていただき、酢重レストランの海外店にも出かけ、造っている本人はどこへもいかないのに、鍋は飛行機に乗ってあっちこっちで活躍しています。

            No.4937 酢重鍋 大 直径20.7cm 本体高さ11.2cm 全高22.5cm 全重2.49kg

             

            JUGEMテーマ:アート・デザイン


            意外に暖かった霜の朝  三週間ぶりの仕上げは「酢重鍋 大」No.4936

            0

              霜20190222数日間続いた温暖な日々、と言っても朝方はマイナス4〜5度に下がりますが、今朝は一転してマイナス10度近くまで冬の逆戻りです。カラマツ林に降りた霜は一昨日の写真。その前に雨など、空気の湿度が高くなったせいで、気温とはあまり関係がないのかもしれません。同じカラマツでも、場所によって霜が降りていないところもありますので、風の通り具合も関係しそうです。もう少し、朝日が強く当たって輝く所を撮りたかったのですが、寒いし、集落の通勤時間に道端にボッと立っているのも気が引けるし・・・下向いて花でも撮っているならいいのですが、人家に向かってカメラを構えるのはなんだか誤解の元ですね。
               

              4936酢重鍋大

              銀座三越の展示会以来、久しぶりの仕上げです。在庫不足で展示会直前は両手鍋銅蓋基本形ばかり作っていましたが、展示会終了後もオーダーと在庫切れで同じ両手鍋銅蓋基本形ばかり。様々なサイズで銅板を10個ほど切り出して鍛ち始めたため、いっこうに仕上がるものがなく、三週間ぶりの第1作が酢重鍋の大です。3月中の納品に向けて、あといくつ作ることになるやら。病気と怪我で仕事が止まることが一番まずい。15年以上前にスキーを断念し、5年前にテニスもバドミントンに転向しました。

              No.4936 両手鍋 銅蓋基本形 「酢重鍋大」  直径20.7cm   本体高さ12cm  

                全高23.5cm  全重2.43kg

              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              本日23日 御代田町 浅間縄文ミュージアム 講演会と映画「縄文にハマる人々」

              0

                充実した企画で、全部見たいところですが、仕事もギュウギュウ詰まっています。うーん?分身が欲しい??

                映画のみ有料(¥500)です。

                 

                異形の造形表

                 

                異形の造形裏

                 

                JUGEMテーマ:アート・デザイン


                銀座三越展示会は無事終了、ご覧いただいた皆様、お買い上げくださった皆様、ありがとうございました。

                0

                  軽井沢のスキー場

                  写真は三連休中の軽井沢スキー場。毎朝、この光景を眺めながら東京行きの新幹線を待ちました。一週間の「新幹線通勤」でしたが、軽井沢駅ですでに中国からの旅行客が大勢。家族連れが多く、以前のような旗を持ったガイドさんに連れられた団体旅行は見かけませんでした。三越に着いてからは、こちらが中国旅行に行った気分になる程、聞こえてくるのは中国語ばかりです。言葉が通じないもどかしさも、こうなると中国語を話せない私の方に問題があると痛感します。さすがに銀座三越、売り場には何人もの中国語が話せるスタッフがそろっていましたが、あちこち引っぱりだこの状態でとても追いつきませんでした。次回は、日中英語の字幕付き制作と説明の動画を用意したいところです。

                   

                  はじめての展示会場でしたが、まずまずの結果でホッとしています。どんなものが好まれるのか、見当がつきませんでしたので、総花的な品揃えで臨みました。結果的には、かなり偏った売れ具合で、品切れのアイテムがいくつか。特に、中サイズの両手鍋銅蓋タイプやコクタンの持ち手の片手鍋、酒器、花器など、在庫があれば売上はさらに伸びたと思われます。作り手なので当たり前のことですが、ともかくたくさん作りたい思いはつのります。

                   

                  11月の伊勢丹展終了後、今回の展示に向けて集中してきましたので、雑用が山のように溜まっています。「猫の手も借りたい」状態ですが、一つずつ片付けるしかありません。幸い、インフルエンザにかからない体質のようですので、これからも当分は目一杯動き続けることになるでしょう。ありがとうございました。

                   

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  銅を鍛つ 寺山光廣  鍛造銅器・銅鍋展 12日(火) 本日最終日です。  炼铜   寺山光广 手工制作的 锻造铜器・铜锅 展 本日是展览的最后一天  

                  0

                    銅を鍛つ 寺山光廣  鍛造銅器・銅鍋展 2月6日(水)〜12日(火)  

                               本日は展示最終日です

                    炼铜   寺山光广 手工制作的 锻造铜器・铜锅 展  

                               本日是展览的最后一天

                    Forging Copper      Mitsuhiro Terayama    

                               The last day of Handmade Copperwares and Pot Exhibition

                    2019銀座三越DM


                    三連休を迎える銀座三越展  炼铜 寺山光广 锻造铜器・铜锅展 2月6日〜12日 银座三越7楼 Re-Mix Style

                    0

                      銀座三越会場3連休を迎える銀座三越の展示会場。明るく見やすい会場です。ざっと40展あまりの展示ですが、DMに掲載した酒器大は2展とも売れてしまい、小が1点残っています。大も写真がありますので、多少の時間をいただければ、オーダーで制作いたします。

                       

                      今回は冬向きに、両手鍋銅蓋の一番基本的な形、写真では手前右にありますものを、各サイズ取り揃えました。煮物、汁物、ご飯炊きに活躍する、機能的で温かみのある道具です。

                       

                      会場には開店時間から6時ごろまでおりますので、どうぞ気軽に声をおかけください。

                       

                      2019銀座三越DM
                       



                      Profile

                      Calender

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      Recent Entry

                      Category

                      Archives

                      Comment

                      • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
                        ひろ
                      • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
                        ひろ
                      • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
                        あい
                      • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
                        noriko hashimoto
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        寺山
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        大阪のoyaji様

                      Links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM