背丈の低いシオンは鮮やか   No.5022 両手鍋 波縁木蓋

0

    シオン2019a背丈が2mほどになったシオンが群生していると紫の霞がたなびいているように見えますが、作業場の横に生えているものはまだ5〜60cmの高さ。以前は2mを超える株でしたが、気がついたらそれはなくなり、ノコンギクかと間違えるような低い株が数本育っていました。むしろ、低い位置で咲いた方が周囲が暗く、色が浮き上がって美しい。野菊の仲間の中では、ちょっと別格の姿です。

     

    今朝は、日本海側を通る台風(すでに熱低に変化)から伸びる前線の影響で雨。雷の音も聞こえますが、時折、アマガエルの鳴き声もまじっています。なかなか元気でいいですね。銀座では天気が悪いと海外からのお客様が増える??観光地に行かないでショッピングに回るという「伝説」・・ほんとうでしょうか? 会場に行ってみてのお楽しみです。

     

    5022両手鍋波縁

    波縁の両手鍋。食卓で楽しむ道具ですので、華やかさをだすために縁の幅を広めにしたいところですが、横腹につける持ち手をつかみにくくなるのが難点です。持ち手をつける位置と角度を変えてみました。真横から見ると手が下向きで違和感がありますが、細い丸棒に変えて、食卓上で斜め上から見ると変な感じはしません。持ちやすいことは確かです。本体は少し浅めで、すき焼きやパスタ、パエリヤ、焼きもの、オーブン料理などに向いています。

    No.5022  両手鍋 波縁木蓋  外径296mm  内径232mm  高さ63mm  

     折返し部分までの容量約1.5リットル 重さ1.24kg   税込価格 ¥99,000

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    秋の藪で異彩を放つノブドウ   No.5021 両手鍋 銅蓋基本形

    0

      ノブドウ2019実は食べられず、果実酒にもなりませんが、不思議な人気があるノブドウです。色づくまでは注目されることもなく、今頃になって、あらいたのね!という風に登場します。イヌブドウとかカラスブドウなどとも呼ばれるそうですが、植物名の世界でイヌとかカラスとつけられるのは、本物に似ているが食べられない、役に立たないというケースです。もっとも、毒ではないらしく、実の焼酎漬けや干した葉のお茶に薬効があると信じて飲む人もいるそうです。私は試したこともないので、とりあえずは野で楽しむか、一輪挿しで鑑賞する程度にしてください。

       

      5021 両手鍋基本形

      展示会前に仕上げた両手鍋シリーズの一つ。いつもの中間サイズより一回り大きい、すりきり3リットルのものです。

      No.5021 両手鍋 銅蓋基本形  口径208mm  本体高さ98mm  全高約210mm

          全重2.05kg   すりきり容量3リットル  税込価格 ¥132,000 

       

      JUGEMテーマ:アート・デザイン

       


      紅葉のさきがけ、オオヤマザクラはいい感じです         No.5020 長円縁 両手鍋  长圆缘双耳铜锅

      0

        2019サクラ紅葉2仕事場の向かいに立つオオヤマザクラ。最初に紅葉が始まります。猛暑の夏は色づく前に散る葉が多いのですが、今年はてっぺんだけはげている程度でマズマズの色合い。秋雨のシーズンが終われば、青空を背景に楽しめそうです。このサクラも隣のコブシも、花が咲いてから後の気温が低かったせいでしょうが、実がほとんどつきませんでした。花と紅葉が見られればいいというのは人間の都合で、植物にとっては実がならないのは困るでしょう。実をあてにしている野生動物にとっても、寂しい夏だったのかもしれません。これから本格的に始まる秋の実りはどんな具合でしょうか。

         

         

        5020長円縁両手鍋

        そろそろ鍋料理でもという季節。しっかりと大きめの銅鍋です。

        No.5020  長円縁両手鍋  全長337mm  内側の丸い部分は直径260mm  全高85mm

         折り返し部分までの容量約2.4リットル 重さ1.42kg        税別本体価格 ¥100,000

         

        JUGEMテーマ:アート・デザイン


         


        10月1日(火)〜8日(火) 三越銀座店で展示会です。         炼铜 寺山光广 锻造铜器・铜锅展

        0

          今年2月に行った三越銀座店の同じ会場。前回は春節、今回は国慶節にあたり、中国からお客様が多くなりそうです。せめた挨拶ぐらいはできるようにと、作業しながらYouTube動画で中国語の入り口を少しさまよいましたが、手強い。文法はシンプルで、単語も日本語と共通する部分が多く、書かれたものを見る限りなんとかなりそうな気がします。そこが落とし穴。発音の難しさと話す速度の速さ。長年の鍛金仕事で傷めつけられた聴覚にはきつい。ニンハオとシェイシェイ。あとはニコニコするしかないという、情けないことになりそうです。

           

          20191001銀座三越DM

           

          JUGEMテーマ:アート・デザイン


          天井裏に巣を作ったスズメバチ    No.5019 両手鍋 銅蓋基本形

          0

            スズメバチ秋例年のことですが、9月は寒い。しかも、雨の日が多く、時々おとずれる残暑との差が風邪引きさんを増やすようです。今年の夏も蝶や蛾が少なく、ということはスズメバチの餌であるイモムシやケムシが少なかったことでしょう。スズメバチが少ないね、という声を何度か聞きました。日本の野生動物による死亡事故では、たぶん一番多いのがスズメバチでしょう。野生動物被害というとクマとかマムシを想像しがちですが、昆虫だって動物です。もっとも、バクテリアも動物だと言えば、その被害は桁違いですが。秋になるとスズメバチは餌が減って、気が荒くなって来ます。彼らも生態系のバランスを維持する重要なアクターですが、人口密集地では隣近所に迷惑をかけられないので、ここらで退治作戦を開始しました。仕事場の1階の天井裏に数年に一度は巣を作ります。

             

            ちょうどトイレの真上のようで、入ると振動を感じて一斉に羽音をたてます。全員が巣に戻っている夜の間に、その真下あたりの天井板に小さな穴を開けて、蜂用のスプレーの先を突っ込み、ブシュー! 羽音が一気に強まり、天井板にパタパタと落ちる音が聞こえ、大混乱の様子が伝わってきます。夜が明けてから外を見ると、地面には50匹近いスズメバチが横たわり、中にはまだもがいているものもたくさん。化学兵器による虐殺場面のようで、あまりくりかえしたくない光景です。春に女王蜂が冬眠から覚めて巣作り・子育てを始めるとき、巣材を探して作業場によく入ってきます。その時に殺しておけば、1匹の殺害で済むものを、秋になってからではその100倍の命を奪うことになります。しかし、春の女王蜂自身は害がなく、これから生態系の一員として働く前に殺してしまうのはなかなか踏ん切りがつきません。森の中に巣を作ってくれれば問題はないわけです。そして数年に一度は、今頃になって大虐殺劇を演じることになります。

             

            5019両手鍋基本形

            一番人気のサイズ、すりきり2.5リットルの両手鍋 銅蓋基本形。展示会の前に必ず用意しなければならない作品を1週間目になってようやく完成です。

            No.5019 両手鍋 銅蓋基本形 口径199mm  本体高さ90mm  全高約205mm  全重1.90kg

              すりきり容量約2.5リットル      税別本体価格 ¥105,000

             

            JUGEMテーマ:アート・デザイン


             


            いつ頃の制作でしょうか? やかんの修理は知恵の輪を解くような思考が必要。

            0

               

              櫻井様やかん修理

              江戸の職人仕事を受け継ぐ昭和の東京下町で作られたものでしょうか。形の個性と制作工程の工夫が伝わるやかんです。鍋と違い、やかんは用途が通常一つ、お湯を沸かすことに特化した道具ですが、その制作方法は逆に無数にあると言って良いでしょう。やかんの故障といえば、ほとんどが空焚きですが、制作方法の違いで修理できるかどうか、どんな工程で修理すればいいのか、きわめて判断が難しくなります。空焚きの場合は銅の本体と注ぎ口の接着箇所から水漏れすることが多く、その修理には錫の融点以上に加熱するため、一度修理にとりかかると後戻りが困難になります。いきおい、ひねり回しながら眺めて思案する時間が長くなります。

               

              このやかんも注ぎ口の取り付け部分の錫が融け落ちて隙間ができ、水漏れしています。その部分だけを細いバーナーで加熱して錫を流し込めないものだろうかと、極細炎のガスバーナーを探し、やっと使えそうなものが見つかりました。作業を始める段になってから、水を入れてみたところ、本体を完全に横倒ししても水が内部にかなり残ります。原因は空焚きで錫が融けたときに、注ぎ口側が重みで前倒しになって、下部が本体内部に入り込んだためです。一度、注ぎ口を本体から外して、位置を正してから接着する必要があります。注ぎ口側も本体の穴の方も切りっぱなしで、かろうじて噛んでいる状態を錫で接着しています。これをそのまま再現しても線で接着することになるので、注ぎ口側の根本の部分をぐるっと外側に1mmあまり折り曲げて、本体内壁と面で接着するように改造。私がやかんを作るときは、注ぎ口の根元の部分内側に薄い銅板をぐるっと回して2段構造にし、それを本体内側で折り曲げて、三次元で接着するように作ります。固定して錫を流し、水漏れ箇所は修復完了。熱処理で変色した部分をできるだけ目立たないように色染めと磨きで修理は終わりました。

               

              JUGEMテーマ:アート・デザイン

               


              初登場の花 ミヤマウズラ   No.5018 かんつけ

              0

                ミヤマウズラ深山の苔むした岩場に咲いているように見えますが、じつは仕事場の車の横、1mもない所に咲いていたラン科の小さな花です。今年初めて咲いたわけではないでしょうが、運転席側でなかったので気づきませんでした。全国の低山帯から亜高山帯に分布するミヤマウズラという花らしい。この写真を撮った数日後には別の場所でピンクの花をつけたものも見ました。珍しいものではないようですが、かと言って、この花を見つけようと探してもすぐに見つけられるものでもなさそうです。買い物や家の中で探し物では、こういうものってよくあります。

                 

                夏と秋の境の半端な季節に咲いています。日陰に咲く背丈15cmほどの、見ればそれほど地味な花ではなく、むしろ愛らしいと言っても良いのですが、自己主張の強い存在ではありません。なんだか、長々とこれまで存在に気づかなかった言い訳を言っているみたいです。名前の「ミヤマ」はいかにも深山の環境に合っていますが、「ウズラ」とはなんでしょう? 調べると、葉の模様がウズラ模様だと書かれていますが、そのウズラ模様というのが、親鳥の羽根の模様なのか、卵の模様なのか判らずじまい。しかし、ラン科としてはちょっと変わった葉です。

                 

                5018かんつけ

                だいぶ前に仕上げてあったのですが、ブログを書く余裕がないまま10日以上が過ぎてしまいました。来月初めの銀座三越展に出す予定でいろいろ急いでいますが、展示会前は雑用も多く、焦りまくりの毎日です。

                No.5018 かんつけ  全長223mm  全高141mm  本体長192mm

                   本体高76mm  幅115mm  重さ534g      税別本体価格 ¥70,000


                 

                JUGEMテーマ:アート・デザイン


                スジエビの内臓は背中側?     No.5017 小さな両手鍋 銅蓋基本形

                0

                  スジエビ/赤虫食

                  この夏、小学生が田んぼの脇の小さな流れで獲ったスジエビ。透き通った体で、ヌマエビよりちょっと美しい目立つ存在です。目立つということは、ヌマエビよりいくらか強いということでしょうか。保護色に頼って身を隠す必要が少ないということになるのかもしれません。動きも、勢いよく泳ぎ回るというより、ゆっくり歩いていることが多い。地元にいる水の動物を中心に飼ってみようと思ったので、当初からスジエビは候補に上がっていたのですが、肉食性が強いためメダカと一緒にできるか不安があり、とりあえずヌマエビを買って入れています。ヌマエビの繁殖が安定して、たくさんの稚エビ小エビが泳ぎ回っているので、そろそろ本命のスジエビを入れても良いかなというところ。弱った個体が食われるのは、擬似生態系をめざすなら自然なことでしょう。

                   

                  ヨシノボリが人工の餌を食べていないようなので、奮発して取り寄せた冷凍赤虫を入れたところ、一番に飛びついたのはスジエビとメダカ。グイグイと丸飲みして、腹に収まると思いきや、意外なことに頭の上部にどんどん入っていきます。正確にいうと、胸部の背側というべきでしょうか。ついつい脊椎動物の感覚で、食道や胃は腹側にあると思い込んでいましたが、外骨格の節足動物では手足がついている側に消化器官もあると、運動の邪魔になるのかもしれません。哺乳動物の手足は腹側に延びていますが、付け根はむしろ背中側で筋肉が発達し、内臓の邪魔にならない位置にあります。たくさんの手足が動く節足動物ではなおのこと、背中側に内臓がある方がいいのかもしれません。

                   

                  5017両手鍋基本形

                  仕上げたのは左側の小さな両手鍋。右の特大サイズに比べるとヒメタニシとマルタニシみたいですが、それでもすりきり容量は1.2リットル。形だけでは大きさがわかりませんので、並べて撮りました。

                  No.5017  両手鍋 銅蓋基本形  口径155mm  本体高76mm  全高170mm

                    全重1.08kg         税別本体価格 ¥80,000

                   

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  40年前、最初の試作品とNo.5001 片手鍋を比べると・・・

                  0

                    5001、試作品

                    仕上げ直前でおいてあった片手鍋 浅型3カップ用。両手鍋 銅蓋基本形とともに、銅鍋の原点とも言える道具ですが、個人的にも仕事の原点です。横に並べたみすぼらしい小さな片手鍋。修理に来たものではなく、40年前に鍛金の仕事を開始するときの最初の試作品です。もちろん、売り物になるわけもなく、作品番号もつけていません。彫金技法で銅の小物を作っていた当時、信州に越して来て、少し大きなものも作くれる環境に変わり、試しに手持ちの道具と材料で鍛金技法がやれるものなのか、修行することもなくいい加減な心構えで試作したものです。こうして並べてみると、基本構造はほとんど変わらず、いささか進歩のない仕事ぶりに呆れます。40年かけて、細部のみ完成度を高めてきたということでしょうか。

                     

                    この試作品、しばらくミルクパンとして使いましたが、ご覧のとおり小さすぎて不便。その後は10年ぐらい、大きな錫の塊を融かして、鈴引きがやり易いような棒状にするために使っていました。調理温度より高温で錫を融かすために、銅が次第に融け出して温度が上がる底の角に小さな穴がいくつもあいてしまい、道具としての生命は終わりました。職人さんの仕事場なら神棚があって、そこに鎮座すべき記念作品です。信仰心もなく職人でもない私ですが、捨てることはなく、とりあえず作業をしている場所の一番高い棚で埃にまみれておいてあったものを、写真どりのために拭いて並べてみました。5,000個の鍋、量産工場なら1週間分の仕事でしょうか?

                     

                    新しい方の片方鍋はNo.5001。 今回は少し長めの持ち手となっていますが、これは黒檀の材料が半端に長く残っていたので、そのまま使用した結果です。長い方が使いやすいのですが、あまり長くすると鍋の座りが不安定になります。

                    No.5001 片手鍋 浅型3カップ用 口径151mm  本体高さ70mm

                      持ち手部全長130mm   全重635g   すりきり容量約1リットル   

                      税別本体価格 ¥38,000

                     

                    JUGEMテーマ:アート・デザイン


                    メダカ水槽から飛び立った名前もわからないイトトンボ    No.5014.15.16.卓上炉

                    0

                      イトトンボsp.メダカの水槽からイトトンボが羽化して飛び立ちました。写真を撮らしてもらい、外に逃がそうと思ったら、どこかへ飛んで見つからず、翌朝やっと捕まえて外に。名前がどうもわからない。足の先が白く見えるので、モノサシトンボのメスでしょうか。イトトンボの仲間は思ったより種類が多く、その上、オズメスや羽化後の成熟度によって色も柄も異なります。しかも小さい。その後、水槽を点検したらヤゴがもう1匹。ヌマエビに姿も色も似ているので、苔の中に隠れていると見つかりません。セリかクレソン、あるいは苔に卵がついていたのでしょう。よく洗って水槽に入れたつもりでしたが、かよわそうな体でしぶといですね。ヤゴは何を食べて育ったのでしょう。食うものと食われるものが絡み合う、小さな擬似生態系をめざすビオトープが望ましいのですが、冬は水が底まで凍ってしまうところでは難しい。室内の水槽の中も、次第にそうなっていくとおもしろいのですが。

                       

                      5014,15,16卓上炉

                      最近、ちょっと人気が復活気味の卓上炉3点。一つはオーダー、残り二つは展示会に備えて置いておく予定です。一つ二つ売れたからといって、世の中の嗜好が変化したと考えるのは大げさですが、作れる数に限りがある家内工業ですので、売れないものを作っている余裕がない。じつは、簡単に売れないものこそ、独創性に富んでいるのかもしれません。手堅いばかりでは楽しさ、面白さが失われていきそうな気がします。

                      No.5014,5015,5016, 卓上炉 平均サイズ  直径110mm/126mm  高さ60mm

                        本体+火皿2種の重さ550g       税別本体価格 ¥23,000

                       

                      JUGEMテーマ:アート・デザイン


                       



                      Profile

                      Calender

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      Recent Entry

                      Category

                      Archives

                      Comment

                      • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
                        ひろ
                      • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
                        ひろ
                      • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
                        あい
                      • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
                        noriko hashimoto
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        寺山
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        大阪のoyaji様

                      Links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM