ちょっと狂い咲き気味のツユクサは春の色        No.5140 両手鍋 銅蓋

0

    ツユクサ202009ツユクサの花期は6〜9月、夏の花と書かれている。今、仕事場の周囲であちこちに咲いています。空はどんよりと暗くても、露に濡れた葉の上で空色の花が輝いている。今朝の気温は13度で、軽井沢の9月下旬はすでに夏とは言えず、桜の紅葉も始まっています。一斉に狂い咲きの感がありますが、オヤっと思う人は少ないようです。野菊の季節で、今頃の花も葉もどことなくサビを含んだような渋さがありますが、ツユクサの花も葉も濁りのない原色そのままといった色合い。どちらかというと、春を感じさせます。

     

    広めのハート型を縦に折りたたんだような苞葉の中から、花軸を伸ばして咲いています。花が二つ縦に並んで咲いていることが多いので、苞葉の中に二つずつ蕾があるのかと思いまだ暗い中、懐中電灯を頼りに摘んで調べてみました。明るくならないと花は咲かず、夕方には枯れてしまいますので、早朝は花がありません。苞葉の中には二つだけではなく、3〜4個の花が用意されているものもあります。中で緑色のタネになっているものもあります。花が狐の顔に見えるという子供がいますが、咲くときだけ朝日とともに顔を出して、夕方には引っ込んでしまう狐さんということ。外来種のムラサキツユクサは3弁の花なのにこちらはどうして2弁?と思いますが、雄しべ雌しべの下に目立たない白い花弁があります。

     

    5140両手鍋基本形

    両手鍋の銅蓋タイプといえば、すりきり2.5リットルのこのサイズが標準なのですが、夏の軽井沢に向けて一回り大きいサイズと小さいサイズを作ったため、標準サイズは秋まで持ち越してしまいました。昭和の中頃までは6〜7人が家族の標準サイズ。その後は核家族化で4人が標準。今は標準というものがなくなって、多様な家族構成が当たり前。鍋のサイズも一人用から7〜8人用まで、いろいろな要望があります。

     

    No.5140  両手鍋 銅蓋基本形  口径199mm 本体高さ94mm 全高205mm

      全重1.90kg  すりきり容量約2.5リットル  税込価格 ¥121,000

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM