独特の風貌ながら、破壊力のある大顎を持つミヤマクワガタ        両手鍋 丸縁タイプの修理

0

    ミヤマクワガタ

     

    仕事場に大物の来訪です。エラが張っているというか、特徴のある頭部が力強い印象で、怪獣好きの子供達には人気があるらしい。出っ張った部分の内部に筋肉が発達して、あごで挟む力は他のクワガタより強く、指を挟まれると出血することもあるという。喧嘩するとカブトムシの体に穴をあけるそうです。

     

    他のクワガタやカブトムシにくらべて、昼間も行動することが多く、見つけやすいと言われていますが、子供の頃の東京ではノコギリクワガタの方が圧倒的に多かった気がします。60年以上前のことですので、自然環境も随分変わっていて、棲息する昆虫も異なってきているのでしょうか。しかし、小型のコクワガタであっても、カブトムシの仲間達を見つけた時のワクワク感は変わるものではなく、いい歳とっても残っています。昆虫は一般に他の動物にくらべて、体の大きさの割に足が細く、大きな体で木の幹にしがみついて他の甲虫と喧嘩するのに、こんな足が細くていいのだろうかと余計な心配。繁殖相手の確保のために喧嘩する場合は同じ種のオス同士でしょうが、喧嘩の原因が樹液が出る木の場所取りなので、競争相手はいろんな種に。スズメバチなども参加する異種間格闘技になります。

     

    半田/柳澤両手鍋修理

    こちらも前の記事と同じお客様から修理を依頼されたもので、随分前に作った両手鍋です。たっぷりと安定感のある道具ですので、修理で新品の状態に戻り、台所の即戦力復帰です。新しい木蓋をつけて納めました。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM