姿も色も名も佳きジュウニヒトエ   No.5086,87 酒器 小

0

    ジュウニヒトエ今年の春は、樹々の花がいまいち、咲き始めに低温の日があったせいか、コブシなどはもともと花の少ないはずれ年なのかもしれません。それにくらべて、草の花は例年より多い気がします。右は、ジュウニヒトエですが、別荘に庭に植えられていて、大事にされているためなのか、今年があたり年なのか、花数が多く色も濃いめ。花茎が直立して目立つので、得している花です。

     

    花だけ見るとそっくりのキランソウは地べたを這うようにロゼット型に葉を広げて、花もその葉の間に咲かせます。丸く地面を覆うその形から、ジゴクノカマノフタなんて、ありがたくない名前をつけられています。美しい野草を見ると、すぐに採って帰る人がいますが、釜の蓋をあけると地獄の亡者達が飛び出してくるかも? それにくらべると、ジュウニヒトエは名前でも得しています。確かに姿形は名前にふさわしいかもしれませんが、色は深い青紫一色ですので、色数の多い十二単衣に例えるのは少し褒めすぎでしょう。濃密な宮廷の花というよりは、野の花の姫君と見る方がふさわしい気がします。

     

    5086,87酒器小作ってから随分経ちますが、記録のためにアップしておきます。酒器のまとまったオーダーを抱えていますが、その前に旧軽井沢の店に納品するために作ったものです。本来なら、常時在庫がないといけないのですが、なかなか手が回りません。

     

    No.5086 酒器小 口径56mm  

     底径59mm  高さ139mm  

     重さ302g    税込価格 ¥22,000

    No.5087 酒器小 口径57mm  

    底径58mm 高さ140mm  重さ300g    税込価格 ¥22,000

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


     


    コメント
    コメントする








       

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM