春まだ寒い夜明けの太陽     No.5080 両手鍋 長円縁 丸

0

    春の日の出暖冬に続く今年の春は寒い。一昨日の朝は氷点下5度。昨日も今朝も氷点下3度。昼間も陽射しは強いが気温は低い。昼間が長くなって鳥たちは子育ての時期になるが、餌不足ではないだろうか。ウグイスも一度ちらっと聞いたきり、その後音沙汰なし。元気に聞こえるのはキジバトぐらいで、一年中元気なこの鳥ときたら見た目にも保温状態が良さそうで、寒さには強いのでしょう。

     

    春の日の出は朝ぼらけ・・・毎朝ぼんやりと登場する太陽。空が澄んでいるときは寒く、まだまだ霜が降りて屋根が白くなります。朝飯前にランニングでもと思うだけで、さうさにビビってまだ一度も実行していません。

     

    5080両手鍋長円丸

    同じものを3点というオーダーの第2作目。鍋部分は丸いのですが、周囲の縁は長円形です。丸いことで木蓋がフィットします。落し蓋で煮込むのにも都合が良いのですが、縁の幅が一定ではないため、仕上げ鍛ちで中の円がゆがんきます。それを避けるために、少し前から工法を変えて形はまとめ易くになりましたが、まだ手間取って時間がかかります。お客様にとっては、用途が広く楽しく使えるお買い得な作品かもしれません。

     

    No.5080 両手鍋 長円縁丸 全長338mm 幅295mm 内径259mm 

     全高96mm 折返し部までの高さ76mm 同容量約2.5リットル 重さ1.62kg

     税込価格 ¥121,000

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM