40cm近い春の大雪、まだまだ「三寒二温」の日々です。      中型の鍋料理向き No.5077 両手鍋 長円

0

    20200329雪の仕事場春の大雪ですが、すでに三日前の話。3月に入ってから5日毎のペースで雪になりましたが、なぜか毎回朝から降り始めて、気温が上がる昼間にやんでいたため、積雪は5cm前後。今回も同じかなと思っていましたら、6時には10cmに達し、空きっ腹で周囲の路地を雪かき。日曜の朝のため、除雪車も遅く、近所の人もまだ寝ています。

     

    その後もドカドカと降り続き、昼飯後にもう一度雪かきをした時には40cm。春の雪は重く締まっていたので、真冬なら50cmを超えていたでしょう。この写真を撮った頃には、すでに自重で潰れて30cmに。昨日は暖かく、屋根の雪が融けて1日中雨が降っているような音に囲まれていましたが、今朝は本物の雨です。天気図を見ると、明日午後からまた冷え込みそうですので、「三寒二温」の循環ペースが続いています。

     

    学校はいつからいつまでが春休みなのか判らない状況ですが、軽井沢に別荘がある都会人がかなりやってきています。行きつけのスーパーには県外ナンバーの高級車がずらりと並び、店内にはジジババパパママが連れ立って買い物。オコチャマが走り回っています。買い物なんて一人で済ませて、他の家族は隣の広い公園で体を動かした方がいいのに。6人で人ごみにいれば6倍の確率で感染したりさせたりします。店内の棚を見ると、カップ麺の棚だけがスカスカと寂しい。家に閉じこもらなければならない時、もう少し豊かな食事を楽しんだ方がいいのではないでしょうか。普段はできなかった家族の交流や趣味で時間を過ごす準備をした方が良いと思います。9年前の3月にも同じことを感じましたが、豊かな別荘族は意外に考えることが貧困ですね。

     

    5077両手鍋長円

    しばらく前に仕上げた両手鍋。縁と持ち手の曲線は長円形ですが、鍋の部分は丸ですので、木蓋や落し蓋が使えます。

    デザイン性と機能性を兼ねた形で、食卓で楽しむ鍋です。中型サイズですが、少し深めで食材たっぷりの鍋料理や煮物、うどんすきなど応用範囲が広い道具です。

    No.5077  両手鍋 長円  全長280mm  幅250mm  内径220mm  全高91mm

     折り返し部分までの高さ66mm  同容量約2.2リットル 重さ1.16kg  

     税込価格 ¥99,000     木蓋、木落し蓋付き

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     


    コメント
    コメントする








       

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM