暖冬に騙されて発芽してしまった慌てん坊のルピナス     No.5072 両手鍋 基本形の本体のみ

0

    雪とルピナス今朝起きると2~3cmの雪ですが、これはしばらく前の写真です。まだ冬の盛りというのに、雪が融けた隙間にルピナスの芽生えです。昨日の記事に載せたヒメオドリコソウは去年の生き残りですが、これはタネから発芽したばかりの今年生まれ。果たして無事に春を迎えることができるのでしょうか。この調子で、昨年のタネが全て発芽してから寒さに負けると、この春発芽するタネが全滅してしまう・・? ということはなさそうで、この1本だけがあわてんぼうだったようです。まあ、頑張れや!と言うしかありません。

     

    5072両手鍋基本形蓋なし

     

    先月の三越展でいただいたオーダー。両手鍋基本形の本体のみで蓋は不要とのこと。金目鯛を炊きたいということで底の平らな部分が20cm必要、揚げ物にも使える深さを確保したいと言うプロフェッショナルな注文です。いつも、大きな蓋がのっている状態で見慣れていますが、本体部分だけで見てもなかなかすっきりした感じで、機能的に使えそうです。このところ、両手鍋基本形は深めのものばかり作っていましたが、和食向きの浅い形もいいですね。

    No.5972 両手鍋 基本形本体のみ  口径244mm  高さ89mm

     すりきり容量約3.4L   重さ1.57kg 

     このサイズを確保するための銅板の直径を32cmと推定して作り始めたのですが、途中でサイズ不足に気づいてひと回り大きな銅板で再挑戦。価格は32cmのものとしましたので、お客様にはちょっとお得な結果でした。次回、作るとしたら本体価格で¥90,000ぐらいになりそうです。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     


     


    コメント
    コメントする








       

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM