針のような霜に覆われたカラマツ林   No.5068,5069 酒器 大小

0

    針霜遠景1

    雪をかぶったカラマツ林ではありません。早朝、霜が朝日に輝く林を撮りたかったのですが、雲が邪魔をしてなかなか手前の樹々に朝日が届きませんでした。気温が低ければ霜が降りるというわけではなく、空中の湿度が必要なのでしょう。冬ならいつでもみられるわけではありません。さて、この霜の正体は?近づいて見ると・・・?

    針霜1 

    普通の霜は細かい粒状の氷が草木の表面にびっしりついて、それが核になって発達しますが、今回の霜は針状です。何年か前にも写真を掲載しています。「霜が降りる」とか「霜ふる晩」などと言いますが、もちろんこんな針状の霜が天空から降って降りてくるわけはありません。そんなことがあれば頭に刺さって血だらけに・・・というほどの大きさではなく、ほんの1cmたらず。しかし、横殴りの風で顔に当たれば・・・変な想像ですね。

     

    6068,69酒器大小三越の展示が終わって早くも1週間。ついに新作発表・・・という感激もない、いつものやつです。すみません。作品が悪いのではなく、あれもこれもと欲張って手をつけて、一つも仕上がらない私が悪いのです。

     

    No.5068 酒器 大 口径65mm

     底径67mm 高さ170mm 重さ454g  

       税込価格 ¥26,400

    No.5069 酒器 小 口径56mm  

       底径58mm 高さ140mm 重さ301g    

       税込価格 ¥22,000

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM