ゆっくり鑑賞する間もなかったイチョウの鮮やかな黄色       歴史の彼方?から再登場したフォンデュー鍋

0

    2019秋色イチョウ この写真を撮ってからすでに3週間ほど経ってしまいました。歳とともに時の立つのが早くなりましたが、展示会前はトップギヤーに入れたようなスピードに。時間よ停まれ!その間に仕事を、なんてことはありえないので、なにかの時間を削るしかありません。さて何を・・? しばらく、このブログ更新の時間をけずっていました。これも仕事のうちなのですが・・。

     軽井沢ではあまり植えられていないイチョウの木です。先日紹介したサンショウと同じ場所で、周辺の紅葉に対抗するように黄色が輝いていました。背景のカラマツ林は、色の変化が早かったのですが、鮮やかな黄色にはならずに黄土色から、現在はほとんど散ってしまいました。

     

    5036フォンデューセット

    こちらはほんとうに久しぶりの制作となるフォンデューセット。10年ぶりどころではない、歴史的遺物の再現? 遊びの要素が強い楽しいものも増やしたいのですが、レギュラーに作っている機能性重視のものたちに追われて、なかなか手が届きません。その後、いくつも作ったつる鍋のシリーズに合わせて、つると取り付け金具をシンチュウに変えました。ついでに小さなフライパン形の火皿の持ち手もシンチュウに。ちょっとだけおしゃれな感覚を足してみました。チーズフォンデュー用の鍋ですが、実用上4カップぐらい入りますので、ほかの用途にも応用できます。クリスマスと正月に向かうこの季節にぴったり。ふだんはチョコやキャンディー、ドライフラワーでも入れて、部屋のアクセントになりそうです。
     

    No.5036  フォンデューセット 

    つる鍋は直径158mm 折り返し部分までの高さ78mm 同容量約1リットル 重さ635g

    つり台は底径175mm  全高272mm  重さ486g  火皿重さ62g                

    セット総重量1.18kg    税込価格 ¥93,500

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM