連日氷点下3度前後の朝に舞う里の初雪   No.5033 片手鍋 浅型3カップ用

0

    2019秋色カエデ1昨日午前中、外に出たらなんと雪が待っています。11月20日に初雪です。昔から、浅間に七たび雪が降ると、いよいよ里も雪になると言われていますが、下から見上げた浅間が白くなっていたのは一度しか確認できませんでした。今年は紅葉の順番が例年と違うと書きましたが、季節の移り変わり自体、順序が狂っているように感じます。すでに氷点下3度前後の朝が続いています。どんな冬に向かうのでしょうか。先年苦しめられたような、1mを越す大雪なんてことがないといいのですが。(この記事を書いた後、今日の最低気温は05:41にー4度。観測点より標高が高い私の仕事場はもっと低いでしょう)

     

    この写真も2週間ほど前のもの。今はほとんど散ってしまいました。その一方で、国道沿いに植えられたカエデの中には、まだ緑が残るものがあります。なぜか、その並木のカエデはあまり黄色くならずに、緑からいきなり赤に変化するものがほとんどです。
     

    5033片手鍋浅3

    この片手鍋もずいぶん前に鍛ち終えて、持ち手をつけるばかりになっていました。鼻の穴が真っ黒になるコクタン削りをサボっていたせいです。やっと仕上がってお目見え。来週の展示会をひかえて、仕上げにかかるものがまだいくつかたまっています。

    No.5033  片手鍋 浅型3カップ用  口径133mm  本体高さ75mm  持ち手部全長145cm 

      すりきり容量約1リットル 全重614g       税込価格 ¥41,800

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM