作業場の屋根が壊れた台風被害ですが、結果的には軽微な損害。

0

     

    台風避難

    今回の台風、水による被害が目立ちます。前の台風のように、強風で屋根が飛ばされるケースはあまり目立たないようです。報道されていないだけなのか、前回の台風で弱い屋根はすでに壊れてしまっていたのでしょうか。私の作業場は台風がまだ南にあった時点での風で(中心が東に移ると100km以上離れた西側は意外に風が弱かった)プラスティック波板の屋根が壊れて飛んでしまいました。もともとかなり劣化していて、大雨の時はたびたび雨漏り。内側に薄い半透明のプラスティック板を平行して貼っていたので、雨水は両側の壁に流れ落ちています。しかし、強風が続けばその天井板も簡単に飛ばされて、内部は土砂降りになることが予想されたので、雨の中でも動かせる道具類は母屋に運び、運べないものは比較的屋根が丈夫な右半分に移動。材料の銅板類は濡れても平気ですし、風で飛んで行ってしまうこともないので、そのまま。気休めですが間にブルーシートを下げて、あとはなるようにしかならんと覚悟。写真は一夜明けた台風一過の作業場。とりあえず被害は最小におさまり、屋根は応急処置。近々きちんと波板をはりなおさなければなりませんが、上に乗ればバリバリ壊れる劣化した状態なので、修復方法を少し検討する必要があります。火事場の馬鹿力で運び出した道具類はほとんどが鉄の塊。戻す時には力が入らずなんとも重い。4時ごろやっと仕事再開でした。

     

    作業場の全景をご紹介するのは初めてですが、最悪の状態をお見せすることになってしまいました。夢と幻の芸を売る仕事、本来は舞台裏をお見せするものではないと考えています。かっこよく言えば、作品だけで勝負。伝統的技術であろうが最新のハイテクであろうが、多くの人々の願望に寄り添うとか作家の思いがこもっているとか、背景は売り物じゃなく、その作品を買って使いたいと思うたった一人のお客様と作品をはさんでの対話です。ならば、仕事場など見せなければいいのですが、今回は対話を続けてきた何人かの方からご心配いただき、多少具体性のあるお答えとなるよう恥を晒して・・・です。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM