変異の大きい路傍のノコンギク   No.5025 掛け花入

0

    ノコンギク2019 今年は路傍のノコンギクが美しく感じる。内陸を通った台風がなかったせいかもしれません。この仲間、花びらの色や数、長さなど変異が大きく、隣り合わせに咲いていても毎年その違いが固定されているので、はたして同じ種なのか、疑わしく思えるほどです。もしかすると、私の理解が足りず、別の種あるいは変種なのかもしれません。

     変異が大きいこと自体は、見る者の想像をかきたてますし、環境の変化にも対応して生き残れることになるでしょう。田舎の国道沿いにずらっと並んでうえられた真っ赤なサルビアが、変化もなく一斉に同じという光景は、私にはうっとおしく、押し付けがましく感じられます。野生溢れる田舎の道には、多種多様な路傍の花々の方が似合います。

     

    今回の三越銀座店の展示。国慶節にあたり中国からのお客様が多い中でも、欧米人、韓国人、日本人・・・様々な国の人がまじっていて、どこの国かも判らない言葉が飛び交い、居ながらにして海外旅行を楽しんでいます。

    5025掛け花入れ

    銀を縦に流したシンプルなデザインですが、誰にでも好まれるので確実に売れていきます。今回は細身の、径が45mm前後で高さは180mm。立てて使う場合の安定を考えて厚い素材で重く作りました。もちろん、壁や柱にかける掛け花入としても、すっきりと馴染みます。

     

    No.5025  掛け花入 径約45mm 上端外径50mm 高さ180mm 重さ368g 税込価格 ¥20,900

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM