初登場の花 ミヤマウズラ   No.5018 かんつけ

0

    ミヤマウズラ深山の苔むした岩場に咲いているように見えますが、じつは仕事場の車の横、1mもない所に咲いていたラン科の小さな花です。今年初めて咲いたわけではないでしょうが、運転席側でなかったので気づきませんでした。全国の低山帯から亜高山帯に分布するミヤマウズラという花らしい。この写真を撮った数日後には別の場所でピンクの花をつけたものも見ました。珍しいものではないようですが、かと言って、この花を見つけようと探してもすぐに見つけられるものでもなさそうです。買い物や家の中で探し物では、こういうものってよくあります。

     

    夏と秋の境の半端な季節に咲いています。日陰に咲く背丈15cmほどの、見ればそれほど地味な花ではなく、むしろ愛らしいと言っても良いのですが、自己主張の強い存在ではありません。なんだか、長々とこれまで存在に気づかなかった言い訳を言っているみたいです。名前の「ミヤマ」はいかにも深山の環境に合っていますが、「ウズラ」とはなんでしょう? 調べると、葉の模様がウズラ模様だと書かれていますが、そのウズラ模様というのが、親鳥の羽根の模様なのか、卵の模様なのか判らずじまい。しかし、ラン科としてはちょっと変わった葉です。

     

    5018かんつけ

    だいぶ前に仕上げてあったのですが、ブログを書く余裕がないまま10日以上が過ぎてしまいました。来月初めの銀座三越展に出す予定でいろいろ急いでいますが、展示会前は雑用も多く、焦りまくりの毎日です。

    No.5018 かんつけ  全長223mm  全高141mm  本体長192mm

       本体高76mm  幅115mm  重さ534g      税別本体価格 ¥70,000


     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM