2週間の間にすっかり春?  ひたすら続く酒器の制作

0

    ロウバイ201903前の記事から2週間が経ってしまいましたが、その間に昼間はすっかり春景色に。しかし、朝方は今も氷点下6〜3度に下がります。日が長くなって、花はいっせいに咲き始めましたが一昨日はその上に雪が。スギ花粉も飛んでいますし、なんだかバランスの悪い日々。春爛漫の浮かれ気分には程遠く、納期の迫ったオーダーに埋もれています。他のオーダーが後回しで気にかかるだけではなく、作業も単調で作りたいものを夢想するばかり。冬篭りに向かう季節ならそれも良い気がしますが、これから生命が湧き立つような春には向かない状態ですね。

     

    4940〜4945酒器大小
    新しく開店するお店に並ぶ姿を想像しながら出荷。内の一つは旧軽のギャラリーにいきました。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM