自然のドライフラワー アジサイ・アナベル?に雪  No.4930 両手鍋 銅蓋基本形 A Double-handles Copper pot ,regular type.

0

    20190126雪アジサイコーンフレークに牛乳をかけたような写真ですが、近年よく見かけるアジサイのドライフラワー。隣の公民館の駐車場の反対側にあるため、あまりきちんと観察してきませんでしたが、咲いている頃は花弁(実はガク)が白かったような。そのうちにうすい緑色に変化し、散らないままいつの間にか茶色くなっています。咲き始めと咲き終わりがいつなのかわからない花ですし、ガクばかりで花の本体があるのかもわかりません。

     

    どうやらアジサイ・アナベルという種類らしいのですが、よその花壇で見ると、もっと大きな花の塊がたわわに、多少垂れ気味にどっさりとついています。適当な時期に切り取り、綺麗なドライフラワーに仕立てる人も多いようです。自然の中で霜や寒風に晒されてきれいなドライフラワーに変化している野草は、小さく、豪華さはなくても、雪とのコントラストで美しく感じます。花の色が残るように人が作り上げたドライフラワーは、なんだか花のミイラを見るようで、私はちょっと・・・人手を加えて永遠の美を保つという・・・その時間的余裕がないだけなのですが。
     

    4930両手鍋基本形

    来週からの展示に備えて作り始めた両手鍋 銅蓋タイプ、最後の仕上げです。小振りのものとしては大きい方で、約1.7リットル。2〜3人分のシチューやカレー、煮物やご飯ならもっと大勢でも大丈夫でしょう。案外使いやすいサイズです。

    No.4930  両手鍋 銅蓋基本形 口径16.7cm  本体高さ8.8cm  全高18.5cm

     全重1.33kg  すりきり容量約1.7リットル     税込価格 ¥86,400

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM