二日続きの雪かき No.4927 両手鍋 銅蓋基本形

0

    20190126雪かき26日土曜日。いつもどおりの時間に起きたつもりが、外がなんだか明るい。時計を見るとまだ4時前なので、さては雪かと外を覗く。数cmの積雪で、大したことはないと一安心で、部屋のストーブをつけてパソコンに向かう。この4ヶ月ほどは、起き抜けに重曹を3g、水に溶かして飲んでいます。これは、血液や尿を中性に保つ目的で始めた習慣ですが、効果てきめんでPhは1.5上がって7に。尿酸値も1.5近く下がって、ずいぶん安上がりな療法だと思いますが、ナトリウムを制限されている方や血圧の高い方はご注意ください。

     

    外が白むと、まず除雪の車が通り、その後隣近所一斉に道の雪かきを始めます、朝飯前の一仕事。気温があまり低くなければ、暖かい部屋に戻って朝飯ですが、冷え込んだ日は朝風呂。どうせ、じきに消えてしまうのですが、なるべく規則正しくかき目鮮やかに雪をかくのが疲れないコツです。

     

    4927両手鍋基本形

     

    またまた両手鍋に戻って、仕上げ。写真でみると実物の印象よりも、コロンと丸い。すりきり容量が2リットルあまりで、少人数の家庭向きサイズですが、ご飯なら4合は楽に炊けますので、大家族でもなんやかやと使い道は多いでしょう。

    No.4927 両手鍋 銅蓋基本形  直径18.6cm  本体高さ9cm  全高19.3cm

       全重1.59kg   すりきり容量約2.1リットル  税込み価格 ¥102,600

     


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM