あれっ!欠けているのは月の右側  少し大きめの No.4925 両手鍋 銅蓋基本形

0

    20190124朝の月前の記事に載せた月の写真。満月の翌日「十六夜の月」ですが、左下が欠けているように見えました。ところが昨朝、西の空に残る月を見ると、明らかに右側ウサギの耳のあたりが欠けています。寒い夜に無理してとった一昨日の写真は何だったのだろう? カメラのレンズが歪んでいる?私の目が歪んでいる?単なる錯覚?

     

    十六夜(いざよい)の翌日はたちまち月。「立待月」で「忽ち月」ではありませんが、そちらでも意味は通りそうです。昨夜はその次、十八夜の居待月(いまちづき)、座って居るうちに昇る月ということでしょう。酒か団子でもあれば、2時間ぐらい待っているのも苦にはならないかもしれません。通婚だった平安貴族なら、朝帰りに見ることが多かったと思いますが、腹が減って月どころではなかったでしょう。平安朝の和歌は情景描写というより、歌会などの席で想像して詠んだものが多いと言われています。

     

    4925両手鍋基本形

    今回も両手鍋 銅蓋タイプ。もちろん、両手鍋が毎日できるわけではなくて、最後の仕上げ前の状態で作り貯めておいたものです。錫引きが面倒なのですが、手間がかかる所は蓋の縁の折り返し部分。苦労話をするのは、自分の技量の未熟さを自慢するようなので、まあ想像するだけにしてください。たぶん、このように複雑に折り返されている蓋の合わせ部分を、手作業で作っている人はいないでしょう。今回はすりきり容量が3リットル以上。ご飯なら5.5合は楽に炊けます。

     

    No.4925 両手鍋 銅蓋基本形  直径21.3cm   本体高さ9.9cm   全高21.5cm

     全重2.09kg    すりきり容量3リットル余り   税込価格 ¥129,600

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM