十六夜の月にフクロウが鳴く  No.4924 中サイズの両手鍋 銅蓋基本形

0

    20190122の月今朝はマイナス11度。昨夜8時に作業を終えて外に出ると、寒空の下でしきりにフクロウが鳴いている。他の鳥より繁殖期が早いフクロウは、毎年この時期になると鳴き始めます。昨年は一度も聞かなかったので、どうしたのかなと思っていましたが、やはりいるべきものがいると、ホッとします。ボ ボ ボロスケ ボ ボ と聞こえますが、昔の人は「ぼろ着て奉公」と聞きなしたようです。若い人には「奉公って何?」と聞かれそうです。私が子供の頃、「丁稚奉公」という言葉はすでにありませんでしたが、「女中奉公」と言うのはまだ子供でもわかりました。

     

    フクロウの声は10mほどのところで聞くと、相当な音量と低音の迫力ですが、音声をお届けすることもできず、東の空に浮かぶ月を撮りました。ぼろカメラにいい加減な望遠ズームで撮りましたので、いい加減な写真です。ちょっと左下が痩せているような感じがしますが、満月は前夜だったようです。と言うことは十六夜の月。これを「じゅうろくやのつき」と読むと面白くもないが、「いざよいのつき」と言うと、いかにも文学的です。で、いざよいとはと言うと、ためらいうろうろしていることらしい。月の出は毎日50分ずつ遅れるので、日没と月の出がほぼ同時に起きる満月から50分遅れで出る。忙しい現代人の感覚では、50分もうろうろしていると、待ちきれずに諦めてしまいそうです。まして、昨日は氷点下8度の中で写真を取りました。すでに月は出ていたからいいのですが、とてもじっと出るのを待っているほど風流心は持っていません。

     

    4924両手鍋基本形

    またまた両手鍋 基本形の仕上げです。今度は標準的な中サイズ。すりきり容量は2.5mリットルですので、ご飯なら楽に4合以上炊ける大きさです。

    No.4924 両手鍋 銅蓋基本形 直径19.2cm   本体高さ9.9cm   全高20.4cm

       全重1.86kg   すりきり容量約2.5リットル   税込価格 ¥113,400

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM