冬の一日は早い  2019年最初の仕上げは、No.4922 両手鍋 基本形

0

    冬の一日

    1月も下旬に入り、日没がかなり遅くなっています。日の出はというと、早くなっているはずですが、意識して外に出ないと確認できません。4時には起きているので、日の出の方角に窓がないだけです。部屋に強い朝日が差し込むと、なんだか早く働けと言われているような気分。朝飯前に氷点下10度前後の中、カメラを持って外に出たくないだけです。

     

    夕暮れ時、火の見櫓の向こうは八ヶ岳方向。山をこえたレンズ状の雲がゆっくりこちらに向かって流れてきます。寂しげですが落ち着いた時間。まだ晩飯には早く、もう一仕事。寒いせいか、冬は特に腹が減ります。

     

    4922両手鍋基本形

    新春第1作・・・今頃なんだと言われそうですが、10日以上前に形は仕上がり、錫引きをサボっていた・・・嫌な仕事は後に回してまとめてやろうと。しかしこの季節、インフルエンザにでもかかって仕上がらないまま銀座三越の会期を迎えたらと、少し心配になってきてました。「馬鹿は風邪ひかない」という通り、5年に1度ぐらいしか風邪で寝込むことはないのですが、もしかすると今年が5年目ということもあり得ます。インフルエンザの記憶もありませんし、ワクチンも受けたことがありません。

     

    No.4922 両手鍋 銅蓋基本形  直径20.9cm  本体高さ9.8cm  全高約21.3cm  

     全重2.05kg  すりきり容量約3.1リットル    税込価格 ¥129,600

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM