2018年最後に、売れ残りのプリムラ・マラコイデス No.4921 かんつけ

0

    プリムラマラコイデスクリスマスとは無縁の暮らしですが、部屋が余りにも殺風景なので花でもと思い、ホームセンターを覗くと、シクラメンなど華やか過ぎて二の足を踏んでしまいます。何か相応しいものがないかとキョロキョロ。一番奧、隅っこに半ば捨てられていたような売れ残りと思われる何株か。ほとんど花はついておらず、しかし葉の緑はまだ活き活きとしています。一株30円。捨て値としか言いようのない価格で4株買って鉢に。

     

    子供の頃、桜草といえばこの花を指していたような気がします。花茎が高く伸びて、小さな桜型のピンクの花がびっしりついて、窓べりで威張っていました。その頃から、プリムラという名前は知っていたのですが、今はプリムラといえばプリムラ・ポリアンサを指すようです。この花はプリムラ・マラコイデス。さてこの4株、それらしく立派に育つのでしょうか。2019年、最初のささやかな願いです。

     

    4921かんつけ

    2018年、最後の作品となってしまいました。作りかけの両手鍋がいくつも転がっていて、仕上げたかったのですがタイムアウト。毎度、悔いやら思いやら雑念やらをたくさん残して、一年が終わってしましました。カッコつけて言えば、だから明日を生きる力が・・・満足しきって終わるとそこでThe Endなんて言うのも、ファウストのような大物ならともかく、私には似合いません。ただ「残念」の文字が浮かんで来ます。

     

    No.4921 かんつけ 全長22.7cm  本体長20cm   全高13.5cm   本体高8.1cm

     幅10.4cm   重さ504g       税込価格 ¥75,600

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM