4年ほど前に作った銀流し銅カップの追加注文6点 No.4914~4919

0

    大森一寿郎カップ4914~4915

    氷点下10度が一度だけありましたが、大陸から張り出してくる高気圧が比較的南よりのせいか、寒波というほどの寒さにはなりません。先日は低気圧の通過で雨になりました。気温は3度でしたので、もう数度低ければ大雪ですが、そんな気配はなく、いいお湿り。雪のない凍った地面を寒風が土ぼこりを巻き上げると、風邪ひきさんが増えます。

     

    10月下旬に銀座のギャラリーでいただいたオーダー。4年ほど前に特注で作った方からの追加注文です。その頃に較べると、銅も銀も値上がりしていますが、前回と同じ価格で受けました。円安というのは、輸出産業にとってはいいのでしょうが、原材料が上がるため、製造業全体ではマイナスです。日本全体では輸出の割合はせいぜい2割ですので、むしろ苦しい生産者が多いでしょう。国策とも言える自動車産業の犠牲になっているような気がします。

     

    オーダーされた方は、何やらおもしろそうな店を経営しているようです。そこでは、ビアカップとして使われるということ。粋ですね。評判になりそうな気がします。

     

    銀流し銅カップ  口径約5.6cm 底径約5.8cm 高さ11cm 重さ約170g

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM