氷点下2度に下がり、夏の花も終わりです。  No.4900 長円縁両手鍋 丸

0

    アサガオ20181029数日つづいた氷点下の冷え込みで、小さくなって耐えていたアサガオも終わり。こぼれ種から生えたもので、夏の間も栄養不足のためか、花は小さかった。厚遇されている他所のアサガオは大きな花を咲かせたまま終わりを迎えているでしょうが、どんどん小さくなって最後に到るのもなんだか好ましく思えます。もちろん、アサガオに意思があれば、余計なお世話、肥料ぐらいケチるなと言われそうです。

     

    ドウダン2018日々、色が濃くなるドウダンツツジですが、アサガオのような変化の妙を感じない。わずかに、種の存在が、無機質な印象を和らげています。多くが低い生け垣として植えられていますので、目の高さになる事はほとんどありません。これが、カエデのように空を覆うほどであったなら、気が狂いそうです。サラサドウダンは5mほどの高さになりますが、紅葉はおとなしく、特に今年はぱっとしません。

     

    4900長円縁両手鍋丸銀座の展示も終わって、今月下旬の伊勢丹新宿店展示にむけて制作始動。まずは大物を仕上げておこうと、長円縁両手鍋です。折り返し部分までの容量は2.5リットル。たっぷりの鍋料理にむいていますが、洋食のメインディッシュとしても存在感があるでしょう。熱々のオーブン料理に応用できそうです。丸い木蓋(付属)が合わせられます。

    No4900 長円縁両手鍋 丸  全長36.3cm 本体長30cm 幅29.2cm 内部径27cm

     全高4.8cm 重さ1.45kg   税込み価格 ¥113,400

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM