月がわりの夜は氷点下2度の冷え込み  修理に戻って来た銅蓋付きの片手鍋2点

0

    銀座のギャラリー江 二人展も終わり、今日から11月。10月から11月に移る最後の夜は、氷点下2度。霜月の始めにふさわしい寒い夜でした。紅葉もどんどん進んでいます。いつもなら、最後に色が変わるカラマツの林が、今年はカエデの紅葉と競うように黄変。夜明けの陽光を受けていい感じです。

     

    手前は、仕事場のある大日向地区の教会。併設されていた保育園ともども、中国から引き上げて浅間山麓の荒野に開拓農家として移住して来た人々の、支えとなった教会です。今はすでに宗教活動は町内の他に移り、保育園も閉鎖していますが、何か他の活動に利用する計画もあるようです。

     

    ギャラリー江での展示はすでに20年。だいぶ前にお買い上げいただいたお客様から、修理に依頼も会期中に入ってきます。今回は偶然、同じような片手鍋2点。浅い片手鍋には通常、銅蓋はつけないのですが、お客様のご希望で2点とも蓋付き。

     

    左の方は口を両方に付けた、4カップ用。右は右手持ちの3カップ用です。左は強い空焚きで、全体が柔らかくなるほど焼き鈍り、本体の打直しが必要な状態。もちろん、強いコクタンの手も焼けて落ちています。

     

    右の方は軽症。長年の使用で持ち手の基部だけがこげてはずれてしまいました。錫引きは無事なので、クリーニングと持ち手を新調します。

     

    打直しが必要な場合は、現在の価格の3割程度。クリーニングだけなら1割。持ち手は、形によりますが、3,000〜3,500円です。

     

    愛用していた道具が、壊れてしまう失敗はなかなかショッキングで、がっかりして捨ててしまう方も多いのですが、よく使う愛着のあるものであれば、修理をお考え下さい。気が引けて・・・と言われることもありますが、作った者としては修理しても使い続けたいと思っていただくのは嬉しい事です。どうぞ、お気軽にご相談下さい。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM