ヒメジョオンは「姫女菀」で、長年の勘違い修正  20年前のフライパン大改造  

0

    ヒメジョオンとモンシロチョウまたまたピンぼけ写真ですみません。昆虫写真というのはかなり特殊なジャンルで、仕事の合間にちょっと一枚、というには向いていないようです。腕が悪いだけでしょうが。まあ、ありきたりのモンシロチョウですので、主役はヒメジョオンと言いたいところですが、そちらもピンぼけ。シャッタースピードを速めたために、焦点深度が浅すぎたようです。

     

    春先のハルジオンが終わってから咲くヒメジョオンは秋まで咲き続けます。草刈りで刈られたあとも、再び生えてささやかに花をつけています。「姫女菀」書くと、なにやら艶かしい。健康美溢れる女子学生の園か、はたまた色気溢れる伏魔殿か? これは「姫女苑」と書くものとばかり勘違いしていたためです。「女菀」は中国産の野草をさす言葉だそうです。もう一つ勘違いですが、良く似たハルジオンは「春紫菀」で「春女菀」ではない。それぞれ名前の由来が異なるのですが、実際の植物はひじょうに似ています。

     

    一月前から依頼されていたフライパンの修理を仕上げました。20年前の作品です。空焚きによる焼き鈍りと歪み、錫のはげ落ちといくらか銅素地の腐食だけなら通常の修理ですが、全体を軽くしてほしいことと、長い持ち手の反対側にある弧状の持ち手をはずしてほしいという依頼で、修理というよりは改造です。

    1993フライパン改造

    本体は予想していたよりかなり焼き鈍って柔らかく、全体を鍛ち直す必要があります。持ち手の改造がありますので、両方の持ち手を取り外してから、クリーニング。こびりつきを落とすだけではなく、持ち手と本体の間に流し込んだ錫を削り落とします。その後に全体を打ち直し。硬く鍛ち締めてから、弧状の持ち手をリベットでとめていた穴4つを銅丸棒を鍛って塞ぎます。写真右下は、かすかに判る穴を埋めた跡。

    持ち手3種軽くというご希望ですので、長い持ち手をもともとついていたものより2段階細い真鍮丸棒で鍛造しましたが、取り付けてみると、大きめの本体の重さに耐えられず、振っているうちに本体との角度が下がってしまいます。もともとの手(右)は12mm銅丸棒、8mm真鍮丸棒では(左)細すぎました。再度、取り外して、10mm真鍮丸棒で鍛ち直し。もとから空いている4つの穴に合わせて持ち手を調整して取り付け。あとは通常の錫引きといぶし仕上げです。仕上がりは250gほど軽くなりました。

     

    これほどの改造ははじめての経験です。手間から考えると、新しく作った方がかなり早い。しかも、ひとつ間違えると新しい持ち手が本体にフィットしないリスクもあります。ビジネスとしてはまったく無謀な仕事ですが、そんな作業こそが自分の技術を高めることは確かです。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM