逆進台風 キクイモモドキにやってくる虫たち No.4845 両手鍋 銅蓋基本形    A Double-handles Copper Pot,good to cook rice.

0

    キクイモモドキの虫たち

    台風の勢力は弱くなりましたが、北九州から逆に南下し、熊本の西から今度はさらに西に進むらしい。最後まで迷走します。今年は春頃から変な天気図、気圧配置がおかしいと言い続けてきましたが、今回の台風も予想外のコースに翻弄された感があります。昨日は青空と強い雨を何度かくり返し、場所によっては風が吹いて、枯れ木が倒れていました。午後の2時間は、隣町の浅間縄文ミュージアム講演会で縄文土器の写真を数多く見る。素材が粘土と金属という違いもありますが、縄文の自由な造形力には遠く及ばない。現代生活は複雑に発達していると思いがちですが、実は毎日同じような物を食べ、管理された環境に住み、くり返しの作業をしているという点では、四季折々の気候産物に合わせて暮らしていた縄文人の方が多彩だったという事でしょう。それが1万年の間、変化しながら続いたのですから、私一人のものつくりが勝てるわけはない。

     

    写真は、台風到来直前。キクイモモドキにやっていた昆虫3種。左からハナカミキリ、モンシロチョウ、右はいかにもセセリチョウですが、イチモンジセセリかな?という程度にしかわかりません。動きの速い蝶なので、写真に納まってくれただけでもありがとうです。

    4845両手鍋基本形

    昨日と同じ両手鍋。同じ方からのご注文ですので、どちらの蓋でも合うように、口径を同じにしなければなりません。高さはあまりこだわらないのですが、サイズを測ってみると1mmの違いにおさまっていました。重さは2~3gの違いです。

    No4845 両手鍋 銅蓋基本形  口径16.5cm 本体高さ9.1cm 全高約18.3mm

      全重1.27kg すり切り容量約1.7リットル  税込み価格 ¥86,400

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM