アヤメの花の微妙な違いの原因は環境?遺伝子?  No.4834 両手鍋 丸縁銅蓋

0

    アヤメ/アップ作業場の横にあるアヤメが、隣の公民館のアヤメから2週間遅れで咲き始めました。日当りがいくらか悪いせいでしょうか。かなり濃い色で、青と紫の中間。この系統の色は写真にするとかなり変わってしまうことがあります。通常、花の写真はせいぜいコントラストと明るさを調整するぐらいで、色のバランスには手をつけませんが、青系の花はなるべく実物に近い色合いにすることがあります。かなり赤を強くしましたが、実物はもっと紫に近い色です。

    アヤメ公民館

     

    青系の花で色の変化が激しいものにアジサイがあります。ピンクから空色まで場所によって違ったり、同じ花が咲き始めと終わり頃では変化したりもします。アジサイの場合は土壌の酸性度によって変化するのではないかと思いますが、アヤメではどうでしょうか。

    右の写真は公民館のアヤメです。「アヤメ」の名のもとになったあや模様、垂れ下がった花びらの根元の柄が白く広がり、明らかに作業場のあや模様とは異なります。遺伝形質がことなる別系統の株だということで、必ずしも栄養や日当りのせいではないようです。このような、自然の変異を見つけて、園芸家は品種改良に利用するのでしょう。

     

    4834両手鍋丸縁銅蓋

    昨日の仕上げは小振りの両手鍋 丸縁銅蓋タイプ。「一人鍋」とよんでいる大きさですが、折り返し部分までの容量は1リットル以上あります。外国暮らしの方からのオーダー制作で、来月には海を渡って・・・実際は空を飛んで、ですが。なんでも「大は小をかねる」というものではなさそうです。手頃な大きさの道具は使い易いばかりではなく、使う楽しさや愛着が湧くという点では、優れています。出番が多く、「価格対使用頻度」の点でも高い評価が出来そうです。

    No.4834 両手鍋 丸縁銅蓋 外径20.3cm 内径18.2cm 本体高さ6cm

     全高約14.5cm 全重1.15kg  税込み価格 ¥78,800

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM