都は花吹雪の頃、雪にも負けずイヌナズナの満開  No.4822長円フライパン

0

    春の吹雪

    各地の桜の便りも、今は花吹雪のころと聞きます。こちらは強い風とともに舞い散るのはほんとうの雪。そろそろ蕾もふくらみ始めるシャクナゲも白く変わり、一時は白銀の世界に逆戻りです。風が納まり雲が晴れれば、春の陽射しは強く、数時間で融けていく雪の下からは一面にイヌナズナの花。白い花のナズナもありましたが、群生は見つからず、白い花は雪に紛れて目立ちません。佐久地方では春先にナズナを摘んで食べる習慣がありますので、誰かが食べてしまったせいで見つからなかったのでしょうか。花見が待ち遠しい飲ん兵衛(私のことではありません)にはうらめしい春の吹雪でした。待ちきれずに週末、上田まで下って花見をすませた人もいます。

     

    3月中のオーダーの仕事を納めて、春休みの孫たちの相手も終わり、秋の展覧会シーズンに向けて作りだめ開始。ぎりぎりになると足りないレギュラー作品に追われるので、余裕のあるうちに新作や冒険作に取り組みたいところ。昨日は横長のフライパンです。上縁を平らにせず、長円鍋と同じように湾曲させて、躍動感を出してみました。魚のムニエルやソーセージを食卓にそのまま出す場合、持ち手は短く横っ腹につけた方が邪魔にならないでしょう。楽しく使っていただきたい道具です。

    4822長円フライパン

    No.4822 長円フライパン 本体長径27.3cm 短径17.4cm 本体高4.8cm〜3.9cm

     持ち手長13.4cm 重さ683g  税込み価格 ¥58,320

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM