続けてビロードモウズイカの変わり身を紹介 No.4767 小さなつる鍋

0

    ビロードモウズイカ2態先週、ビロードモウズイカを紹介してから、はや1週間。やたら忙しい1週間で、肝心の作品完成が途絶えていました。今朝もいつも通り3時半頃起きだして、台風の様子を見ていましたが、風も雨も止まっていて、どこが超大型なのか、ひじょうに強い台風なのか? その後、駆け足で南関東を通り抜けて太平洋に出たらしい。明るくなってから風の吹き返しというのだろう、けっこう強い風で落葉や枝が飛んで、一時停電。停電すると家中でいくつもの電気製品をセットしなおさなければならない。ずっと雨降りで、道路の落葉がどろどろになった上に新鮮な落葉が重なり、車が滑る。しかし、この程度のことで強い台風の被害が収まれば、ぼやくほどの事でもないでしょう。

     

    左のアップは今年発芽した新しいビロードモウズイカでしょうか。霜にあたって色づいています。右は、公民館の建物と焼け石の石垣にはさまれた日だまりで、今も咲く様子。とても同じ種類には見えませんね。

    4767つる鍋 

    1週間ぶりの大物どころか、小さなつる鍋です。折り返し部分までの容量は1.1リットル。実用上は4カップまででしょう。片手鍋の4カップ用と同じサイズですが、ふっくらと大きく見えます。一人で湯豆腐やうどんすきとか、煮物なら2人前、味噌汁なら3杯分。和風な印象なのでラーメンには合いませんが、作るだけならOKでしょう。直接口をあてると火傷します。
     

    No.4767 つる鍋  外径18.2cm 内径16.7cm 本体高さ7.1cm 重さ700g

    税込み価格 ¥54,000

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM