夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ

0

    台風一過の夕空夏らしい日がとても少ない中で、迷走台風5号が去った後の豪快な夕空。軽井沢の量販店の中では浅間山の遠景が楽しめるスポットですが、サボらずにもう少し左へ移動して撮れば、消防署のやぐらが邪魔にならなかったでしょう。この量販店は軽井沢では最大規模のホームセンター。仕事の買いものに普段から利用しているのですが、夏はいつもと違う人付き合いから買いもののバラエティーが広がり、毎日通っている。何でも揃っているが、この日の一番の掘り出し物は夕空。

     

    2017アサギマダラ毎年訪れる浅間連山の標高2000mを越える草原。8月には確実にアサギマダラを見入る事が出来る場所です。あまり人を恐れないので、特別な望遠レンズがなくても、けっこう写真になります。ヒヨドリバナの群落に群がっている事が多いのですが、ここではマルバダケブキの蜜を吸っています。

     

    この数年、昆虫が少ないと感じていたのですが、この高原では赤トンボの群れが山頂を飛び交い、ベニヒカゲは腕にとまって汗の塩?を舐める。アサギマダラにいたっては、駐車場のトイレで観察できるほど。花に集まるハチやアブも多く、里での減少と較べると、山では増えているのかもしれません。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    こんにちは。
    「こもれびの里」のトレーニングルームでお目にかかっております。(^_^)
    高峰高原、池の平湿原でしょうか〜
    私もここで初めて出逢ったアサギマダラがとても印象に残っています。
    ヨツバヒヨドリ草やマルバダケブキも、アサギマダラのお陰で覚えました。
    • noriko hashimoto
    • 2017/09/02 1:14 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM