雨の中の盆踊りと屋台  小さいがゆったりした姿の片手鍋

0

    屋台14日、15日と地区の盆踊り大会。二日とも雨が降る中で行われ、14日は子どもたちのスイカ割り。その後の線香花火大会には、子どもが帰ってしまう。昨日15日は、雨の中4時から焼き鳥やら様々な屋台の準備。地区の家々に、生ビールやジュース、かき氷、ジュース、フランクフルト、焼き鳥の無料引換券を配ってあるため、やらないわけにはいかない。7時には霧雨になって、なんとか傘なしで盆踊りが踊れる状態にはなったが、それでもやぐらのまわりで踊るのは10人あまり。こんな時のために、菅笠や簑を被って踊る踊りがあると良いが、雨の夜ちょっと妖怪の集まりみたいな光景になりそう。

     

    戦後開拓で出来た集落なので、宗教色もないお祭りです。ふだんは子どもが少ないのは、田舎のどこでも同じですが、さすがに軽井沢だけあって、お盆休みには帰省する若い家族や別荘民が混じり、小雨の中、子供達が騒いで走り回っています。屋台を運営する側は気分だけは暖まり、なんとか風邪を引かないですみそう。今朝は早くから土砂降りの中でやぐらの解体と片付け。

     

    4746片手鍋深3小さな片手鍋。深いタイプとしては口径を広ろくとり、全体にゆったりした印象に仕上げました。持ち手は、このサイズとしては長め。小さいと言っても、すりきり5合。実用上3カップ用です。

     

    No.4746 片手鍋 深型3カップ用 口径13.2cm 

    本体高さ7.8cm 持ち手全長14.7cm 重さ636g

    税込み価格 ¥43,200

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM