春から冬に逆戻りのー10度  注ぎ口について酒器大No.4631,4632を例に

0

    ノボロギクB3月昼間の陽射しが温める焼け石に石垣に生えるノボロギクが寒さに耐える様子を少し前に紹介しました。同じ株が今週は花や蕾を増やし、春を迎えています。動物の場合は気温の上昇だけではなく、日照時間が伸びることで春のスイッチが入ることが多いようですが、視神経がない植物はどうでしょうか。乾燥地帯なら降雨が成長のきっかけになることもあるでしょうが、日本の環境ではやはり気温にもっとも左右されると思われます。

     

    春の便りに注目していたら、今朝は氷点下10度。冬型の気圧配置に逆戻りです。温かい日で気が緩んだ身には多少きつい寒さですが、植物だって不用意に新芽を出したりすると、5月の霜害のようにもたげた頭をたたかれることがあるかもしれません。

     

    注ぎ口昨日の仕上げは酒器の大2点。注ぎ口をアップで写しました。焼き物の注ぎ口は壊れやすく、そのためにあまり薄く作ることができません。その結果、どうしてもきれいに水が切れず、回り込んでしまいやすくなります。その点、金属では注ぎ口先端部を薄く作れますので、水切りは問題なし・・・のはずですが、市販のやかんにはお行儀の悪いものが多いようです。薄くしても割れることはありませんが、ぶつけると変形しやすいことは避けられません。

     

    修理に戻ってくる片手鍋では、多くの場合注ぎ口の変形が見られます。錫引きなど、他の部分の修理も必要な場合は、送っていただいた方がいいのですが、注ぎ口の歪みだけの場合はご自分でも多少修正できます。まな板の上に片手鍋や酒器を裏返しに伏せて置き、利き手ではない方の手で本体を少し注ぎ口の方に傾けます。その状態で利き手にしゃもじを反対向けに持ち、しゃもじ柄の先端の平らな部分で歪んだ注ぎ口の先端部を裏側からまな板の押し付けると、案外簡単に修正できます。フライパンの注ぎ口もお試し下さい。ご自分でやれるか、他の部分の修理も必要かなど、判断がつかない場合は、写真を何枚か添付して、メールでご相談下さい。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM