続 霜の朝  No.4580 片手鍋 浅型3カップ用

0

    浅間山/晩秋樹々の紅葉はほとんど終っていますが、朝日にあたると赤みを増して輝きます。林の奥は浅間山の山頂。仕事場からは真北の見えますので、斜めに日が射す朝夕が撮影チャンスです。かろうじて氷点下に気温では、朝日があたった途端に樹々の霜は融けてしまいます。仕方なしに下を向いて、落葉やまだ頑張っている草花がまとう霜に目を向けました。

     

    2016.11.13.霜2表面がのっぺりしているように見えた葉も、霜につき方を見ると、細かい毛がびっしりと生えていることに気づかされます。冬越しする草の葉は、陽射しをしっかり受け止めるためか、地面に張り付いているようです。

     

     

    急ぎのオーダーを仕上げて後は、次の展示会に向けて補充を急いでいます。まずは片手鍋 浅型カップ用。今回はなんとなくたっぷりした印象に仕上がりました。

    4580片手鍋浅2

    No.4580 片手鍋 浅型3カップ用  直径15.8cm 本体高さ6.7cm 重さ605g

    税込み価格 ¥41.040

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM