なぜか紅葉したタラノキの枝   No.4563 フライパン 左手用   A small frying pan, handle on the left side.

0

    タラの紅葉路地のわきにはえるタラノキの低い枝が紅葉しています。通常は黄色くなるのですが、ここだけ特別に日当りが良かったのかもしれません。赤くなっているだけではなく、葉の表面に艶があります。上の方の枝や他の株は、くすんだ黄色から、既に落葉しているものもあり、上の方に実がなっていますが、種が入っているのかはっきりしない汚れた色です。

     

    前線が太平洋岸から南に下って、北側から冷たい空気が入っているせいでしょう、今日は終日寒く、昼頃いっとき10度を超えた以外は、ずっと一桁の気温。例年なら今頃は空高く秋晴れの過ごしやすい季節です。夏バテがとれて食欲モリモリのはずですが、今年は寒さに耐えるために食べている気がします。真冬には今よりさらに20度以上低くなりますので、しっかり食べて体を慣らしておかなければなりません。

     

    今日の仕上げは小さなフライパン。持ち手も短く、左手用にしました。朝ご飯やお弁当作りに、次々と使うには、小回りが効く道具です。しばらく前まで昼はそうめんばかりと言う人も、肌寒い日にはカツ丼や親子丼と味噌汁が食べたくなります。切り身の煮魚もおいしくなる秋です。

    4563フライパン左

    No.4563 フライパン 左手用  直径17.9cm 本体高さ3.6cm 持ち手長14cm

    重さ456g    税込み価格 ¥41,040

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM