今回は「酢重鍋 大」・・写真では「小」と見分けがつきません

0
    4524酢重鍋大
    写真で見ると、前作と同じに見えます。直径も高さもやく2割増。それが容積になると2倍近くになります。立体恐るべし。よく見ると、なんとなく下膨れした印象。でっぷりしています。本体の膨らみは作る度に多少異なりますが、レストランでいくつも並べて使う関係で、直径は同じにしないと蓋が合わなくなります。

    春春真っ盛りで、今はレンゲツツジやアヤメ。春先より彩りが多彩でどぎつい感じです。2週間ほど前には、霜が降りるかと言う低温がありましたが、いま昼間はTシャツ1枚。夕方になると霧や夕立の多い夏より、今頃の方がビールが売れると昔から言われています。この間まで冬眠あけのクマがウロウロしていましたが、少し落ち着いたようです。週末はあちこちの別荘でバーベキューの香り。クマもたまらんでしょう。別荘の必須アイテムはバーベキューセットと薪ストーブ。オール電化の都会暮らしでは縁がなくなった「火」が恋しいのでしょう。サルと人間の違いは火を扱えること。先祖返りか、はたまた群がる虫か。都会人は火を見ると興奮するようです。


     

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM