クラッシックでモダン?なつる鍋で、何を炊きましょうか・・・No.4489

0
    4489つる鍋
    No,4485 を作る時に、僅かに寸法が大きすぎて蓋と合わなかったものをつる鍋に。いかにもつる鍋らしい雰囲気に仕上がりました。囲炉裏にかかっていてもおかしくない古典的な感じですが、モダンな食卓でも古くさくない。二人で鍋を囲んだ後、うどんや雑炊で仕上げてもいいでしょう。牛肉の赤ワイン煮込みやチーズフォンデューも良し。「おふくろの味」派なら、肉じゃがでしょうか。一人おでん? オリーブオイルをたっぷりかけてカリカリに焼いたフランスパンに熱々のスープを・・・想像は限りなく広がっていきます。

    つる鍋の良さは、片手鍋で持ち運べる事。少々揺れてこぼれても、手にかかる心配はありません・・・なんて、展示会場ではきわめて現実的なお話をしています。いい齢したオッサン(オジン?)が料理の話をしても、すぐに馬脚を現しそうですので、使用上の注意やら修理に話など、あまり食欲の湧かない説明に終始しています。中に料理を入れて展示するわけにもいきませんので、お客様に想像をたくましく働かせていただくしかありません。展示会場で、じっと長い時間眺めているお客様は手強い、きっと料理の手練れに違いないと、ちょっとビビります。さて、あなたなら何を炊くでしょうか?

    No.4489 つる鍋  外径20.3cm 内径18.6cm 本体高さ7cm 重さ829g
    折り返し線までの容量 1.45L  税込み価格 ¥61,560 (本体価格 ¥57,000)
     
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM