3ヶ月近くお待ちいただいたオーダー・・・No.4481両手鍋 丸縁木蓋

0
    4481両手鍋丸縁
    2016年も既に1ヶ月あまりが経ち、今日は立春。夜の9時ですが、外の気温は9度。積雪40cmほどで、「鬼は外、福は内」の声も聞こえません。子どもさんのいる家でも、きっと室内で豆まきでしょう。昨秋11月の日本橋高島屋展示会から3ヶ月近くが過ぎました。そこでお受けしたオーダーは3ヶ月の期間をいただいていましたが、その間に3ヶ所の展示会があって、先月末からやっととりかかれました。その第1番目が両手鍋 丸縁。中サイズと小サイズの間、ふだんあまり作らないサイズですので、オーダーでは意外に人気があります。神戸の展示会でもオーダーを二ついただきました。この2年間は大きめの中サイズが良く売れると思っていましたが、その辺のサイズを豊富に作っていたからなのかもしれません。予断は禁物。お客様はいろいろ、食べる量もいろいろ。どんな事情にも希望にも対応するのが、ハンドメイドの良さということでいきましょう。

    1〜2人で鍋料理。この寒い冬の間に間に合ってほっとしています。一人分のおでん材料セットだも入りそうです。木蓋の他に、ご希望で木の落とし蓋をつけました。味をしっかり含め煮する、熱々の煮物も美味しい季節です。もちろん、毎日の味噌汁にも出ずっぱりになりそうな、手ごろな大きさです。

    No.4481 両手鍋 丸縁 外径20.2cm 内径18.6cm 高さ7cm 重さ714g 
    折返し部までの容量1.45L   税込み価格 ¥48.600 ( 本体価格 ¥45,000)

     
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM