台所に立つのが楽しくなりそうな片手鍋です・・・No.4472 片手鍋 丸縁浅型

0
    4472片手鍋浅木蓋
    暖冬、雪不足の状態が続いています。暮れには何度か、マイナス10度を下回りましたが、このところ寒くても7度前後。雪も一昨日30分ほど降って、すぐにやみました。根雪がないせいか、朝晩と日中の寒暖の差が強く感じられます。スキー場は厳しいのかもしれません。もう10年以上前にスキーは止めました。かなり乱暴な滑りでしたので、このまま続けるといつか怪我をしそうだと思い、展示会をすっぽかすことになると困ります。スノーシュー履いて、のんびり歩くのもいいだろうと思っているうちに、10年が経ってしまいました。なかなか思うように時間がとれません。20日からの展示会が終ったら、少し歩き回りたいところです。

    昨年11月に続いて2作目、と言っても、かなり以前には時々作っていた形です。前作は神戸大丸展で売れました。木蓋との相性が良く、さらに落とし蓋を使えば、かなり機能性の高い道具になります。和食・洋食どちらにも使い易いでしょう。ソテーしてから煮込むとか、柔らかく炊いた後で味を絡めるとか、ひと手間かける料理好きに向く片手鍋ですね。食卓に出すことが多い場合は、持ち手を短くしてもいいでしょう。サイズもいろいろオーダーできますし、大きめのもので重い場合には、持ち手の反対側に両手鍋と同じ弧状の持ち手をつけることも可能です。

    No.4472 片手鍋 丸縁浅型 木蓋 外径21.4cm 内径19.7cm 本体高さ5.8cm 
    持ち手約18cm 重さ791g  折り返し部分までの容量 約1.3リットル
    税込み価格 ¥58,320  (税別本体価格 ¥54,000 )

     
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM