5年前に作った方形鍋 No.3644 A square form copper pot that I made 5 years ago.

0
    3644方形鍋

    10年前からよく作った方形の鍋ですが、4〜5点の在庫がこのところ売れています。残り2点の一つ、5年前に作ったものを磨き直して、今日から始まる銀座 ギャラリー江 二人展に出品します。小振りのものですが、鍋料理、煮物。オーブン料理などの他、サラダや果物をいれても良いでしょう。


    先週、隣町の御代田 浅間縄文ミュージアムで、軽井沢の歴史愛好家グループ十数人とともに縄文土器をゆっくり見て来ました。学芸員で考古学研究者の堤 隆さんの解説と案内で2時間たっぷりという、豪華な企画でした。ミュージアム常設の多数の重文クラス縄文土器の他に、企画展「土器のデザイン」に集められた各地のデザイン性豊かな展示をも見ることが出来ました。その中心的展示品、縄文時代前期の下島式土器を見て、ドキッ! 私がもし有名人だったら、どこかのロゴデザインと同様、「パクリ疑惑」にさらされているでしょう。方形鍋のデザインは方形茶托のシリーズから発展したものです。所蔵する長野県立歴史館に行ったことはありませんが、下島式土器を写真でも見ていないと言う証明はしようがありません。この土器の上縁部の曲線だけではなく、側面部の放物線とも言える曲線を、私は好んで使います。円弧、球面は誰にでも馴染みがあり、円はコンパスがなくても紐の両端に小枝を結べば、地面に描くことができます。放物線や双曲線は円弧に較べると、意識して立体にうつさないと使われない曲線です。しかもバランスの難しい大胆な逆反りで使われています。「私ら爆発だけじゃないよ」と岡本太郎氏に語っているようですね。ウ〜ン やられた!。縄文の工人達、侮れない、まいったなあ! です。お近くの皆様、ぜひ私のご先祖、ルーツ、DNA?ライバル?をご覧下さい。

    No.3644 一辺約20cm 内径18.7cm 高さ8cm 最低高5.4cm 重さ728g
    税込み ¥51,840  税別本体価格 ¥48,000 


    企画展「土器のデザイン」 チラシをご紹介します。
    土器のデザイン
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM