片手鍋の本格派 真鍮の持ち手 No.3996、3962

0

     片手鍋真鍮手3996,3962

    写真が大きくなってしまいました。真鍮丸棒を熱い状態で鎚ちのばした持ち手がついた片手鍋です。木の持ち手と違って焦げることがありませんので、油をひいていためることも出来る、本格派です。
    鍋の上縁部を拡げる形は、おもに両手鍋で採用しています。これまで市販の鍋では見かけた事がありません。なぜだろうかと不思議な気もします。家庭用品売り場では、近年カラフルな鍋がたくさんあります。色を楽しむ事を否定はしませんが、その前に形のデザインが基本ではないでしょうか。熱の伝わりや洗いやすさなどの機能性は形で決まってきます。
    片手鍋の簡便さから、ちょっと茹でたり、温めたり、味噌汁を手早く、と言うような小回りの効く道具でもあります。ベーコンをさっといためてから野菜とスープにとか、肉を軽く焼いてから煮込むというような時には、ヘビー・デューティーなこの鍋の出番。少し大きなものに、木蓋をのせて使えば、時間をかけた煮物にも使えます。
    というところで、片手鍋としては機能性が高いのですが、やはり鍋掴みなしで扱える木の柄がついた片手鍋の人気にはかなわないようです。注ぎ口がないのもハンディーかもしれません。でも、少し気をつけていただければ、案外水切りよく、どこからでも注げます。多くの銅鍋を食卓でも使われるように作る中で、このタイプは台所での使用に徹しています。料理の裏方、派手さも媚もない道具ですが、確かな支持者がいるようです。
    左のNo.3996  上端外径 17.8cm 縁下内径 16cm 高さ 8.4cm 持ち手 21cm
                           重さ 816g            税別本体価格 ¥56,000
    右のNo.3962  上端外径 14cm 縁下内径 12.7cm 高さ8cm 持ち手 18.4cm
             重さ 612g            税別本体価格 ¥45,000
    二つの間のサイズ(本体価格 ¥50,000)、No.3996より大きいサイズ(同 ¥65,000)も作っています。
    この2点は、大丸 神戸店の展示会に出品します。 
    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM