研ぎだして複雑な色合いの「銀流し銅茶托 No.3073」

0
    3073茶托

    小振りの茶托ですが中心部の円は掘り込まず、銅の素地のままいぶし仕上げ。周辺部は銀ロウを融かして流し付け、鎚目を施した後で軽く研ぎ出し、さらに表面を軽く鎚ちならして仕上げています。銀ロウの下の銅素地がうっすらと透けているところもあって、赤みがかった感じのちょっと複雑な色合い。微妙な色調の変化をねらって研ぎ出していますので、ふたたび同じように作るのがむずかしい一点ものです。

    小さい磁器に合いますが、グラスのコースターとしてもいいでしょう。干菓子や和紙で包んだものをちょっと置く銘々皿にもなりそうです。

    対角間97mm、対辺間90mm、中心部の円は直径56mmです。
    1枚の重さ 60g

    5枚組 税別本体価格 ¥40,000

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM