木べらや竹べらで調理を

0
    ネジバナ
     今年の軽井沢では7月、局地的に強い雷雨が毎日のようにやってきます。雨上がりの別荘地に咲くネジバナの花2本。拡大して見ると、小さな花の一つ一つがラン科の花らしい形をしているのがわかります。

     銅鍋やアルミ鍋のように、柔らかい金属で作られた鍋で調理する時は、木べらや竹べらでかきまぜてください。ステンレスのお玉やフライ返しを使う時は、あまり強くこすりつけないようにお気をつけ下さい。表面に出来た傷から、次第に腐食が進む事があります。
    修理に送っていただければ、表面を鎚打ちしたり、錫を多めに流したりで補修いたしますが、腐食しないにこしたことはありません。

     銅鍋は熱の伝わりが良く、さらに大きな銅蓋や丸い底など、熱が対流しやすい形にデザインしてあります。あまり頻繁にかき混ぜなくても、全体にむらなく加熱される道具です。鍋から食器に盛りつける際は、お好みのレードルをお使いください。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    Profile

    Calender

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    Recent Entry

    Category

    Archives

    Comment

    • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
      ひろ
    • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
      ひろ
    • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
      あい
    • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
      noriko hashimoto
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      寺山
    • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
      大阪のoyaji様

    Links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM