ビロードモウズイカの狂い咲き  フライパン左手用 No.4766

0

    ビロードモウズイカ残花この写真だけで何の花か判る人は少ないでしょうが、初夏には1mを楽に越える長身のビロードモウズイカの生き残りです。道路と側溝の間の割れ目で30cmにも満たない背丈で、花が咲いている。茶色くなった実は初夏に咲いたものだとすると、少しのあいだ休んで花を再開して、まだ緑の実をつけたところなのか? びっしりと細かい毛が生えている地際の葉は、このあと厳寒期になっても残り、霜で白く輝いているのが見られます。

     

    今年はいろいろな草の花が狂い咲きする中で、まったく見えなくなっているのがタンポポです。年の暮れになっても、石垣の隙間で石の温もりを受けるように背の低いタンポポが咲いているのを見るのですが、今の時期まったく花が見られません。春には一面に空き地を被い尽くすセイヨウタンポポの繁殖力に腹を立てていますが、まった消えてしまうといかにも物足りない。冬の寒さに負けずに一つ二つ咲いていると、やあ頑張っているなと感じるのは人間の身勝手。植物だって条件の良い時に良い場所で咲いて、たくさん子孫を残したいでしょう。

     

    4766フライパン左銀座の展示会場でお客様と話していて、あれっフライパンの左手用がない。右利きの人は左手で持った方が機能的なんですよね、なんてうなずき合っていたのに、左手用が一つも無いことに慌てました。来週から伊勢丹新宿店にはこれで間に合います。一番小さなサイズですが、一つ見本があれば大きなサイズのオーダーもいただける・・・なんて安心していると、最初に売れてしまったりとか?

     

    小さいサイズのフライパン、実は大きいサイズより出番が多いぐらいでしょう。朝ご飯はもちろん、昼には牛丼、といきたいところ、残りものどんぶりとか? 親子丼やカツ丼を作ると、持ち手は左の方が使い易い事に気づくでしょう。魚が美味しくなる季節、切り身と豆腐、椎茸と冬のネギ。洋食派なら、油をひいて、エリンギ、シシトウ、ベーコンやソーセージ。お行儀悪く、フライパンのまま食卓へ。朝・昼・晩・夜食にまで使われる道具です。

     

    No.4766 フライパン 左手用  直径17.9cm 本体高さ3.9cm 持ち手15.5cm 

    重さ457g        税込み価格 ¥41,040

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    寒さに咲く残花4種 縁のついたフライパン No.4753

    0

      残花4種9月に入って5日間、最低気温が10〜11度の日が続きました。その後ちょっと温かくなって、今朝は再び13度。鼻がクシャクシャしていますが、風邪では鳴くオオブタクサの花粉症です。美しくないオオブタクサの花が空き地一杯に3m近い高さ。夏の花は最後の名残りにと、ほんの少しだけ咲いています。左上はフランスギク。最盛期には道端を埋め尽くすほどに咲いていたものが、最後の3輪。左下は昨年こぼれた種から勝手に生えたアサガオ。サイズは通常の半分以下ですが、色はむしろ濃縮されて美しい。

       

      右上はキクイモで、まだ半分枯れた花はいくつもありますが、蕾はもう見当たらず、新鮮なものではこれが最後。かなり増えているので、茎も枯れたら芋を掘り出して食べようかと。最後はセイヨウタンポポで、春先には空き地を一面黄色く染めていたものですが、今は時々思い出したように咲いています。たぶん冬まで丈が低くなってもポツポツと咲き続けるでしょう。

       

      4653フライパン丸縁木蓋一昨日は私用で一日休業。昨日仕上げたのは、縁のついたフライパンです。サイズは、一番小さなフライパンより二まわり大きいもの。縁をつけると木蓋がのせやすく、料理の応用が広がります。煮魚や蒸し煮、軽くソテーしてワインや日本酒を。お一人の場合はすき焼き鍋にも。これ一つあれば優雅な独身生活???食卓に出しやすいように、持ち手を短めにしました。

       

      縁付きの利点をもう一つ。中の汁、ソースや油をどこからでも注げることです。右手で持つか左手で持つかで、注ぎ口の位置をどちらにするか悩む必要がありません。市販のフライパンは右手で持つように作られていますので、右手に菜箸や木べらを持つと、せっかくつけてある注ぎ口は役に立ちません。

       

      No.4753 フライパン 丸縁木蓋付き  外径22.2cm 内径19.6cm 本体高さ4.1cm

      持ち手長さ15.6cm 重さ654g

      税込み価格 ¥54,000

       

      JUGEMテーマ:アート・デザイン


      チャバネアオカメムシ?  再開第一作は大きなフライパン 左手用 No.4732

      0

        チャバネアオカメムシ蛍光灯の明かりによってきたきれいな虫1匹。図鑑やウェブで調べるとチャバネアオカメムシらしい。ピンボケ写真ですが、ウェブで見るより痩せています。栄養が悪いのでしょうか。果樹の害虫と書かれていますが、軽井沢には果樹がほとんどないのでエサ不足? サクラやクワの木に発生するようですが、近所のサクラは晩春の低温でほとんど実が落ちてしまい、クワも豊作とは言えません。ここでは被害が出そうもないので、ピンセットで摘んで外へ。つぶすと臭いし、まあ写真のモデルになっていただいたので、生きたまま解放しました。

         

        4732フライパン大左宇都宮市大谷の展示会に出品作を送り出して、制作再開の第一作はオーダーで作った大きなフライパン。大きいと言っても、市販のものでは普通サイズの直径24cm。食卓で使い易いように小さめのものを多く作ってきましたので、較べると今回のものは大きい。左の方は小さい方から二つ目のサイズで、それより二まわり大きくなりました。

         

        オーダーされた方はすでに左の方のサイズはお持ちで、今回は台所でガンガン使われることになるでしょう。前と同様、持ち手は左手用です。地金がいくらか厚くなって、バランスをとるために持ち手もがっしりと作りました。急ぎでない限り、仕上げてから1〜2日おいてから注文された方に連絡します。作り上げたときは、ヨシ!これでいいと思っても、しばらくするとウン?と思うことや表面の変色が後から見えてくることがあります。うっかり汗をかいた手で持ったために、後から指紋が浮き上がってきて、犯人が割れる?なんてことも。ということで、お客様にはもう一日待っていただきます。

         

        No.4732 フライパン 左手用  直径24.3cm 持ち手20.3cm

        重さ1.045kg     税込み価格 ¥65,880

         

        JUGEMテーマ:アート・デザイン


        繁殖力の高い春咲き山芥子  No.4695 フライパンを銅素地色のままで仕上げる 

        0

          オランダガラシ軽井沢では今頃、いたるところに生えているアブラナ科の花。侵略的外来種とされ、在来の生態系を破壊するが、花がきれいなのでなかなか駆除の対象にはされていないようです。40年近く前に移住してきた頃から見かけていましたが、1960年頃、近くの神津牧場で麦と一緒に入ってきたのが見つかったと書かれています。明治の頃からあったという話も。寒冷な環境と荒れ地に強く、国立公園に侵入し、見ているとこれを食べる虫もいないようで、傍若無人ぶりを発揮しています。菜の花の淡い彩りと違い、葉の色が濃く艶があるため、道路際に並んでいるとうるさく感じられます。

           

          原産地のヨーロッパではサラダにすると書いてあったので、試しに葉と花をそのまま齧ってみましたが、食べられないと言うほど辛くも硬くもありません。噛んでいるうちにえぐ味が出て舌の付け根に不快感が残るので、けっしてお奨めの山菜ではありません。食べて駆除するなら、セイヨウタンポポの方が良さそうです。

           

          4695フライパン右/銅色

          昨日の仕上げはフライパン右手用。今回は燻し仕上げにせず、銅素地の色のまま。浅いフライパンは側面が見えにくい形状ですので、燻し色にしてもさほど渋さを楽しめないかもしれません。銅素地のまま仕上げると、汚れは目立ちますが、色落ちを心配せずにゴシゴシと洗うことが出来ます。こびり着きが残って黒くならないように、液体クレンザーを使ったり、少し硬めの食器洗いスポンジを使用することが出来ます。色は好みですし、燻し仕上げは後からでも可能です。逆に燻し仕上げのものを、クレンザーで磨くとこの状態に戻ります。

           

          No.4695 フライパン 右手用  直径17.9cm 本体高さ3.8cm 持ち手約19cm 重さ482g

          税込み価格 ¥41,040

           

          JUGEMテーマ:アート・デザイン


          拡大すると美しい野草 カキドオシ  今年最初のフライパンNo.4688

          0

            カキドウシありふれた野草、と言うより雑草と言われる方が多いカキドオシ。まだ咲き始めで地面から立ち上がったばかりです。そのうちににょろにょろと伸びて、生け垣をも通り抜けて増えるため、カキドオシ。柔らかいうちは全草天ぷらにすると美味しく食べられます。

             

            どアップで見ると、意外に美しく、花の形もおもしろい。シソ科やゴマノハグサ科には、そんな花がたくさんありますが、ランの仲間のようには珍重されません。どこか渋くはかなげだからでしょうか。逆にどれもこれもそこいら中にはびこるサバイバル力が仇になっているような気もします。希少価値がない、せいぜい食べられるかどうかぐらいの評価しかされませんが、それでも秋になるとはかなげで寂しい風情が買われて、虫の音とともに振り向いてもらえる花もあります。今の時期、桜やツツジ、チューリップと対抗しても勝ち目はありません。

             

            4688フライパン右記録をめくってみると、今年初めてのフライパンのようです。展示会ではなく、まとまったオーダーに追いまくられてきたせいで、まだオーダーは続いていますが、ちょっと脱線を楽しみました。サイズは、通常の最小サイズより一回り大きいものです。持ち手もその分少し長め。右手持ちで仕上げました。使い易く、出番が多いことは間違いありません。

             

            NO.4688 フライパン 右手用

            直径19.7cm 本体高さ3.9cm 持ち手長さ21cm 重さ584g

             

            税込み価格 ¥46,440

             

             

            JUGEMテーマ:アート・デザイン


            のったりとした浅間山の山容  小さなフライパン 右手用 No.4592

            0

              2016.11.30.浅間山今朝は快晴の陽射しに誘われて、氷点下5度の中、浅間山の写真撮影。煙が見えませんので、山頂は南風でしょうか。標高2600mあまりの頂上ですから、山頂まで植物があってもおかしくないのですが、噴火の影響でしょうか。あるいは単独峰で風が強く、植物が冬を越せないのかもしれません。のったりとした山容で、高さを感じさせませんが、火山の噴出物が層をなして積み上がっているため、崩れれば大災害になります。大きく崩壊するのは何万年に一度ということかもしれませんが、部分的な崩壊は数千年に一度あるのかもしれません。崩壊の他に、火砕流という、噴出物が噴火とともにそのまま流れ下ることもあり。そちらも千年に一度ぐらいは覚悟しなければなりません。山は遠くから眺めるか、登って楽しむかのどちらかで、のんべんだらりと火山の裾野に住むというのは、リスクの大きさの割に良いことは少ないかもしれません。

               

              4592フライパン右20一昨日、予告したとおりに今日は小さなフライパン 右手用を仕上げました。仕上げて写真を撮って、その30分後にはもう発送。2日から始まる、宇都宮市大谷の「かやぶきの家ギャラリー」展です。伊勢丹相模原店の展示が昨日で終了し、残品が戻ってくるのがたぶん明日1日。その日のうちに発送しても、次の会場に届くのは2日の午前中、既に展示会は始まっています。とりあえず、先発隊として、この3日間に作ったフライパン2点と小さな酒器を送りだしました。なんともタイトなスケジュールですが、その次の銀座 ギャラリー江 二人展はもっときつく、間が一日しかありません。デパートの展示は、通常水曜日に始まり火曜日に終了します。会場が近くて、終了してすぐ車で次の会場に運んでも連続と言うのは困難で、間に一週間空けることになります。綱渡りですが、今年は春から夏、展示会がなかったことを考えると、いかにもバランスの悪いスケジュール。2ヶ所分の在庫を常に用意しておこう、解決策はこれに尽きます。一回の展示に40点ほど出品しますので、4ヶ月間じっと我慢で売らずに作り続ければ、一回分の作品が貯まります。

               

              No.4592 フライパン 右手用 直径18.1cm 本体高さ3.9cm

              持ち手長さ18cm 重さ485g       税込み価格 ¥41,040

               

              JUGEMテーマ:アート・デザイン

               


               


              今も残る雪  No.4590 フライパン左手用

              0

                コケと雪24日の雪が、4日経っても消えずに残っています。突然の大雪でしたが、その翌日の氷点下8度は、雪の布団を被って、むしろぬくぬくと過ごしたのかもしれません。岩に生えるコケは水分を補給して、元気でみずみずしい緑。トナカイでもいれば、美味しく食べてしまうところでしょう。このあたりには。コケを食べる動物はいないのかもしれません。カモシカなら食べるでしょうか? 近くにはいると思いますが、仕事場の周辺までは出てきません。冬眠しない動物にとっては、厳しい季節をむかえます。

                 

                アカツメクサと雪右はアカツメクサの花。こちらはかろうじて生き残っているようす。最後まで花を開く根性。もうハチやアブがやってきて、蜜を吸うこともないでしょう。それでも、まばらに毛を生やした丈夫そうな茎をみると、案外しぶといのかもしれません。

                 

                4590フライパン左今日の仕上げは一番小さいサイズのフライパン。持ち手は左手用です。持ち手の長さは中ぐらい。左手用は、伊勢丹相模原店の展示で、最初に売れました。次の宇都宮市大谷展のDMには、フライパンを載せましたので、出品しなければなりません。とりあえず、これで安心かと思いきや、写真のものは右手用でしたので、もう一つ作ることに。続けて12月中旬には銀座のギャラリー江で二人展ですので、どっちみち作らなければなりません。

                 

                No.4590 フライパン 左手用  

                直径17.8cm 本体高さ4.1cm

                持ち手長さ17cm  重さ473g   

                税込み価格 ¥41,040

                JUGEMテーマ:アート・デザイン


                屁っこき虫の季節  No.4569 縁付きのフライパン

                0

                  エゾアオカメムシ昨日は、前線をともなわない低気圧の通過?で、未明は強い雨。昼間は20度近くまで温かくなって、今朝も冷え込みはなく、温度差の少ない一日でした。しばらくは、こんな天気が続いて、次第にまた寒くなっていくのでしょう。先週土曜日のように最低気温0.5度、屋根が一面霜で白くなるような事は今週はなさそうです。

                   

                  右の写真は2週間ほど前に撮ったものです。左と右上にいる虫は、たぶんエゾアオカメムシ。と言うのは、カメムシの仲間はやたらと多い。色も柄もとりどりで、図鑑を見ていると見飽きないのですが、さて目の前のカメムシの名前はとなると、はっきりしなくなります。細かい名前なんてどうでもいいじゃないか、皆「へっこきむし」「へっぴりむし」さ、と言われそうなぐらい、特殊な匂いを出すものが多い。敵に対する防御と同時に、仲間への警戒信号でもあるようですが、そんな苦労も何のその、東南アジアでは食べるらしい。寒くなると、戸袋や壁の中などに集団で冬眠しているのを見る事があります。温もりを求めて干してある洗濯物に入り込んでいるのを、気づかずにそのまま着るとひどいことになります。

                   

                  4569フライパン縁付き昨日仕上げたフライパン。少し深めで縁がありますので、浅い片手鍋と言ってもよいでしょう。「多機能フライパン」と呼んでいますが、これまでより一回り大きいサイズです。魚を煮たりソテーしたり、ハンバーグを焼いたり煮込んだり、蓋が出来る浅い鍋は広い機能性があります。食卓に出しても良いように、持ち手はいくらか短めです。この季節、秋ナスの鰹節を効かせた煮浸しとか、ニンニクを効かせたアサリとか、香りを楽しむ料理にもいかがでしょうか。

                   

                  No.4569 多機能フライパン 外径22.7cm 内径20.5cm 上縁までの高さ5.5cm 持ち手長17cm 重さ748g

                  税込み価格 ¥58,320  木蓋付き

                   

                   

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  なぜか紅葉したタラノキの枝   No.4563 フライパン 左手用   A small frying pan, handle on the left side.

                  0

                    タラの紅葉路地のわきにはえるタラノキの低い枝が紅葉しています。通常は黄色くなるのですが、ここだけ特別に日当りが良かったのかもしれません。赤くなっているだけではなく、葉の表面に艶があります。上の方の枝や他の株は、くすんだ黄色から、既に落葉しているものもあり、上の方に実がなっていますが、種が入っているのかはっきりしない汚れた色です。

                     

                    前線が太平洋岸から南に下って、北側から冷たい空気が入っているせいでしょう、今日は終日寒く、昼頃いっとき10度を超えた以外は、ずっと一桁の気温。例年なら今頃は空高く秋晴れの過ごしやすい季節です。夏バテがとれて食欲モリモリのはずですが、今年は寒さに耐えるために食べている気がします。真冬には今よりさらに20度以上低くなりますので、しっかり食べて体を慣らしておかなければなりません。

                     

                    今日の仕上げは小さなフライパン。持ち手も短く、左手用にしました。朝ご飯やお弁当作りに、次々と使うには、小回りが効く道具です。しばらく前まで昼はそうめんばかりと言う人も、肌寒い日にはカツ丼や親子丼と味噌汁が食べたくなります。切り身の煮魚もおいしくなる秋です。

                    4563フライパン左

                    No.4563 フライパン 左手用  直径17.9cm 本体高さ3.6cm 持ち手長14cm

                    重さ456g    税込み価格 ¥41,040

                     

                     

                    JUGEMテーマ:アート・デザイン


                    9月の最後に9度の朝  フライパンNo.4559 

                    0

                      4559フライパン22

                      昨夕、気温が下がってきたと感じていましたが、今朝はついに10度を切っています。低地の人なら「寒い」と言うでしょうが、真冬にはさらに20度下がる高冷地の住民ですから、この程度は「涼しい」とやせ我慢。サクラは早々と紅葉、落葉が進んでいます。8月のなかば以来、青空を見たのが2〜3回。日照不足と低温。今年の紅葉は期待出来そうもありません。明るく「食欲の秋」と言いたいところですが、寒さの耐えるために余分にカロリーを摂っている感があります。

                       

                      いちばん小さいサイズのフライパンを多く作っていますが、これは一回り上です。フライパンは5サイズほど作りますが、全部ズラッと並べて展示すれば、どのサイズが一番人気か判明します。しかし現実はなかなかそうならず、お客様の希望のサイズがないときは、気軽にオーダーしていただくのが次善の策。銅鍋の中でも使用頻度が高い道具ですので、妥協せずに右手用左手用、持ち手の長さ、深さなど、好みにそってオーダーされることをお勧めします。

                       

                      No.4559 フライパン 右手用 直径19.8cm 本体高さ4.1cm 持ち手長21cm 重さ580g

                      税込み価格 ¥46,440

                       

                      JUGEMテーマ:アート・デザイン



                      Profile

                      Calender

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      Recent Entry

                      Category

                      Archives

                      Comment

                      Links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM