暖冬に騙されて発芽してしまった慌てん坊のルピナス     No.5072 両手鍋 基本形の本体のみ

0

    雪とルピナス今朝起きると2~3cmの雪ですが、これはしばらく前の写真です。まだ冬の盛りというのに、雪が融けた隙間にルピナスの芽生えです。昨日の記事に載せたヒメオドリコソウは去年の生き残りですが、これはタネから発芽したばかりの今年生まれ。果たして無事に春を迎えることができるのでしょうか。この調子で、昨年のタネが全て発芽してから寒さに負けると、この春発芽するタネが全滅してしまう・・? ということはなさそうで、この1本だけがあわてんぼうだったようです。まあ、頑張れや!と言うしかありません。

     

    5072両手鍋基本形蓋なし

     

    先月の三越展でいただいたオーダー。両手鍋基本形の本体のみで蓋は不要とのこと。金目鯛を炊きたいということで底の平らな部分が20cm必要、揚げ物にも使える深さを確保したいと言うプロフェッショナルな注文です。いつも、大きな蓋がのっている状態で見慣れていますが、本体部分だけで見てもなかなかすっきりした感じで、機能的に使えそうです。このところ、両手鍋基本形は深めのものばかり作っていましたが、和食向きの浅い形もいいですね。

    No.5972 両手鍋 基本形本体のみ  口径244mm  高さ89mm

     すりきり容量約3.4L   重さ1.57kg 

     このサイズを確保するための銅板の直径を32cmと推定して作り始めたのですが、途中でサイズ不足に気づいてひと回り大きな銅板で再挑戦。価格は32cmのものとしましたので、お客様にはちょっとお得な結果でした。次回、作るとしたら本体価格で¥90,000ぐらいになりそうです。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     


     


    使い込まれたフランス製の片手鍋修理。なかなかの名品でした。

    0

      ヒメオドリコソウ冬越し先々週はこの冬の最低気温−13度まで下がりましたが、先週は逆に凍った地面がゆるむほどの暖かさ。日当たりの良い石垣の隙間に生える植物たちは、このまま冬を越して春の成長が見られるのでしょうか。写真はヒメオドリコソウ。枯葉と紅葉した葉と緑鮮やかな新芽が共存しています。

       

      先月下旬の銀座三越でもすでに話題になっていましたが、中国武漢における新型肺炎対策の遅れが、現在は同じことが日本に対しても言える状態になってきました。昔のように交通手段が限られてスピードも量も少なかった時代の「水際対策」が、今も可能だとした姿勢に問題がありそうです。遠からず日本も、新型肺炎流行地域として、他国から渡航制限の対象とされるのではないでしょうか。
       

      杉田様片手鍋修理

      昨日、修理が終わったフランス製の片手鍋。大きなメーカーの製品のようですが、構造はしっかりしていて、要所は手で加工したと思われる良品です。媚びのないすっきりした形もいいですね。地金も厚いのですが、あちことに凹みがありました。底を重点的に、側面の立ち上がり部分や上縁、持ち手も鍛ち締めて形を整えてから錫引き。もともとは錫引きしていない製品ですが、日本では厚労省の規定で銀か錫でカバーすることが必要とされています。最後はしっかり磨き上げて送り出しました。

       

      JUGEMテーマ:アート・デザイン


      今朝は氷点下11度  立春の霜はトゲトゲ    No,5071 片手鍋 深型3カップ用

      0

        針霜アカマツ

        昨朝、この冬初めて氷点下10度に下がりましたが、昼間の最高気温は−3度。そのまま9時頃には再び−10になり、今朝5時には−12.2度。7時前に−13度です。家の中でも北側では濡れた手ぬぐいが凍っていました。この時間、やっと外は明るくなって来ましたが、霜はそれほどでなく、乾燥した冷気が漂っています。写真は2月4日の立春の朝、アカマツの葉についた針状の霜。春の訪れはまだ2ヶ月先です。

         

        5071片手鍋深3

        No.5071 片手鍋 深型3カップ用  口径126mm 本体高さ80mm 

         持ち手全長137mm コクタン部分105mm 重さ618g すりきり容量約950ml

         

        JUGEMテーマ:アート・デザイン

         


        両手鍋、フライパン、片手鍋のサイズと価格

        0

          私が作っている銅鍋の価格は、元の銅板のサイズと形でランク付けしています。原材料の銅板や経費の価格変動もありますが、一番は制作に要する時間によって価格を決めます。ところがその時間たるや同じ形とサイズでも素早くできる時もあり、ぐずぐずと時間がかかる時もあります。こちらの形の方が平均して2割ぐらい余分な時間がかかるなどと、頭をひねりながら時々価格を調整します。年初めに調整すればいいのですが、今年は1月の展示会が終わった時点で大雑把な価格とサイズ表を作りました。形や持ち手によって、いくらか価格が変わることもあります。直径と高さについてはあくまでも一例で、同じ価格でも、高さを高くすると直径は小さくなります。あくまでも、おおよその目安としてご参照ください。

           

          サイズと価格表

           

          JUGEMテーマ:アート・デザイン


          針のような霜に覆われたカラマツ林   No.5068,5069 酒器 大小

          0

            針霜遠景1

            雪をかぶったカラマツ林ではありません。早朝、霜が朝日に輝く林を撮りたかったのですが、雲が邪魔をしてなかなか手前の樹々に朝日が届きませんでした。気温が低ければ霜が降りるというわけではなく、空中の湿度が必要なのでしょう。冬ならいつでもみられるわけではありません。さて、この霜の正体は?近づいて見ると・・・?

            針霜1 

            普通の霜は細かい粒状の氷が草木の表面にびっしりついて、それが核になって発達しますが、今回の霜は針状です。何年か前にも写真を掲載しています。「霜が降りる」とか「霜ふる晩」などと言いますが、もちろんこんな針状の霜が天空から降って降りてくるわけはありません。そんなことがあれば頭に刺さって血だらけに・・・というほどの大きさではなく、ほんの1cmたらず。しかし、横殴りの風で顔に当たれば・・・変な想像ですね。

             

            6068,69酒器大小三越の展示が終わって早くも1週間。ついに新作発表・・・という感激もない、いつものやつです。すみません。作品が悪いのではなく、あれもこれもと欲張って手をつけて、一つも仕上がらない私が悪いのです。

             

            No.5068 酒器 大 口径65mm

             底径67mm 高さ170mm 重さ454g  

               税込価格 ¥26,400

            No.5069 酒器 小 口径56mm  

               底径58mm 高さ140mm 重さ301g    

               税込価格 ¥22,000

             

             

            JUGEMテーマ:アート・デザイン


            昨日、三越銀座店の展示終了。ありがとうございました。      雪のち雨の浅間山  No.5070 片手鍋 深型3カップ用

            0

              20200129浅間山

               

              一昨日の雪は、気象庁が騒いだほどには降らず、軽井沢でせいぜい20cmほど。昨日午後には雨に変わったらしく、展示会最終日を終えて戻ると、車道も歩道もシャーベット状態。純白に輝く新雪の浅間山をご紹介しようと思いましたが、案外まだら模様です。山頂の火口からは煙というよりは水蒸気がもくもくと湧いています。

               

              今回の展示会は、期間が2日間長ったこともありますが、昨年の春節の時より好成績でした。終盤は、さすがに肺炎の影響か、人出は少なくなりましたが、大きめの鍋が先に売れてしまい、少し悔いの残る展示。おいでいただいた皆様には申し訳ありませんでした。次回はもっとたくさん用意してと思っています。

              5070片方鍋深3

              展示会初日にコーヒードリッパーと組み合わせていた片手鍋が売れて、二日目をお休みして急遽仕上げた片手鍋です。こちらは、ドリッパーとセットでお買い上げいただきました。オーダーも1点いただいていますので、すでに銅板は切り出してあり、これから鍛ち始めます。

               

              No.5070 片手鍋 深型3カップ用  口径124mm 本体高さ80mm  持ち手全長132mm

               コクタン部分100mm   重さ621g  すりきり容量約950ml           税込価格 ¥44,000

               

              JUGEMテーマ:アート・デザイン

                

               


              雪の作業場   本日28日、三越銀座店 展示最終日です。   今天是在三越银座商店展览的最后一天

              0

                20200128雪

                昨夜来の雪は、軽井沢で15cmほどですが、まだ降り続いています。オンボロ作業場も少しは綺麗に。東京も雪がまだ続いているようですので、お出かけの際はくれぐれもお気をつけください。本日、三越銀座展での展示最終日です。まだ、毎日使う手頃な銅鍋・銅器がいろいろ残っています。売り切れの大きいサイズのものなども、オーダーできます。

                 

                三越銀座展


                浅間の焼け石は小さく植物を育む    No.6066,67 酒器 大小

                0

                  石積みの植物浅間山の焼け石(火山岩)は多孔質だからでしょうが、断熱性があり水を含んでいるのでしょう。植物にとっては住み心地が良さそうです。特に道端で日当たりの良い石積みには、冬でも様々な植物が小さくかたまって暮らしています。あまり大きな木になると石積みを崩してしまうので切られてしまいますが、その切り株も風情があって、盆景のようです。早春は緑一色。次第に赤や黄色の花も咲き始めますが、冬の間も意外なことに色とりどりで複雑な景色が見られます。

                   

                  5066,67酒器大小最近はいつも展示会の出荷ギリギリまで鍋の仕上げをして、出荷の翌日酒器を仕上げて開会日の朝、カバンに入れて持ち込むことが多くなっています。大小2点ずつ作りたかったのですが、時間切れで1点ずつ。大きいい方がまだ残っています。

                   

                  No.5066 酒器 大 口径65mm    底径68mm 高さ171mm 重さ454g      

                      税込価格 ¥26,400

                  No.5067 酒器 小 口径55mm    底径58mm 高さ140mm 重さ300g                           税込価格 ¥22,000

                   

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  冬越しの草に、少し寒さが戻ったでしょうか。    No.5065 片手鍋 浅型3カップ用   

                  0

                    冬の草2さて、この草はなんでしょう? 展示会の準備で忙しい頃、色合いに気をとられてしっかり観察しませんでした。ハルザキオランダガラシが枯れずに残っているのかもしれません。これも、中心部を見ると、残っているというよりは、春に備えて早くも成長の用意をしているように見えます。

                     

                    紅葉というと、秋の樹々がするものと思いがちですが、木とは限らず多くの植物が紅葉する可能性を秘めているように思えます。生存のために個体内で生理的な変化をする力を持っているのでしょう。冬になるとスーパーの野菜売り場に、「冬のホウレンソウ」が売られていることがあります。平べったく押しつぶされたような形状で放射状に葉を広げるロゼット型の野菜といえば、これぐらいしか思い当たりません。やはり葉は厚め。凍結を避けるため濃厚で如何にも栄養たっぷりの印象です。花を咲かせて種で増える植物に比べると、手前にあるコケ類は季節知らず、冬でも変わらず元気です。
                     

                    5065片手鍋浅3昨日は春節。中国のお正月でしたが、来客も店員も多くは肺炎予防でマスク姿。お正月の華やぎは感じられませんでした。旅先で晴れ着を着ることもできなかったでしょう。去年の春節に比べると、ジャージ姿の旅行者は見かけず、暗い印象ではありません。

                     

                    今回の展示では大きいものが中心に売り切れて、普段は先に売れる手頃な価格で日常的に使うものが多く残っています。写真の片手鍋もまだあります。毎日なんども使う出番の多い道具をお求めの方は、ぜひご来場ください。

                     

                    No.5065 片手鍋 浅型3カップ用  直径149mm  本体高さ70mm  

                    持ち手部全長134mm(コクタン部103mm)  重さ557g  すりきり容量約1リットル

                    税込価格 ¥41,800

                     

                     

                    JUGEMテーマ:アート・デザイン


                    冬越しのムシトリナデシコの葉が艶かしい   No.5064 フライパン

                    0

                      冬の草冬の間、放射状の葉が地際に広がっている状態をロゼットと呼んでいます。精一杯、太陽の光と熱を吸収して、寒さを乗り切る植物の生き残り作戦ですが、今年のムシトリナデシコはかろうじて生き残っているというよりは、みずみずしく元気です。柔らかな葉に薄くピンクの縁取りは、艶めかしく感じるほど。この後、寒さで枯れるのか、そのまま春をむかえて、すくすくと伸び上がるのか予想がつかないところです。もちろん、食べられる草ではないので、無情に摘み取って茹でたり天ぷらなんてことはしません。

                       

                      5064フライパン展示会の発送直前に仕上げたフライパンです。仕上げはバッチリ・・ですが、写真は急いでいたためピンボケ。フライパンの持ち手の長さにはかなりの幅があって、ヨーロッパのオムレツ用のように長いものから、小回りが利く10cmぐらいの短いものまで、いろいろ作っています。今回のものは中間サイズで15cmです。

                      No.5064 フライパン  直径191mm  本体高さ47mm  全高88mm  持ち手150mm

                        重さ557g            税込価格 ¥47,300        ( 昨日すでにお買い上げいただきました)

                       

                      JUGEMテーマ:アート・デザイン


                       



                      Profile

                      Calender

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      Recent Entry

                      Category

                      Archives

                      Comment

                      • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
                        ひろ
                      • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
                        ひろ
                      • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
                        あい
                      • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
                        noriko hashimoto
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        寺山
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        大阪のoyaji様

                      Links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM