繊細で美しい柄のサカハチチョウ   つる鍋の修理

0

    サカハチチョウ春型雌

    作業場の中で死んでいた美しい蝶。左側の写真で見える翅は、本来たたまれた時は内側になります。タテハの仲間は、私にはなかなか識別できませんが、右の写真で見える外側の細かい柄に特徴があり、図鑑で調べるのは容易でした。サカハチチョウ春型のメスです。夏型は全体に濃いこげ茶色に、八の字を逆さまにした白く太い線が目立ち、名前の由来だとか。細かい柄と微妙な色合いには不似合いな、ちょっとガサツなネーミングですね。

     

    この仲間は、山歩きしていると汗を吸いに腕に止まったり、獣のフンに群がったり。時には獣の死体にも寄ってきます。そんな習性からでしょうが、昔から蝶は不吉なものとされることがあり、いまも蝶に対して拒絶反応を示す人がかなりいます。私の世代では、小学校の夏休みの宿題で昆虫採集というのが一番ポピュラーでしたので、年取ってからも昆虫少年だったことを語る人はたくさんいます。標本箱に虫ピンで刺されて並ぶ昆虫。虫ピンという名前も今は使われないかもしれません。頭のない待ち針と言っても、待ち針さえ洋服屋でズボンの裾かがりをする時ぐらいしか見かけなくなりました。小動物であっても、昆虫以外の動物を針で刺して標本箱に並べるということはあまりないでしょう。死んで標本にされてもなおその美しさが保たれることが、小学生から専門家までが感じる動機に違いありません。子供の頃、腐らないように腹部に防虫剤を注射する時のかすかな心の痛み。

     

    生きているものを捉えることは現在あまり推奨されず、虫取り少年達も捕まえて観察した後は逃がしたり、餌を与えて飼育したりが夏休みの自由研究の中心。自然が豊富と思われる信州の山間部にいても、近年は蝶の姿がとても少なく感じられます。もちろん子供達が捕まえて標本にするからではなく、むやみに使われる農薬が一番の原因でしょう。ヨーロッパに比べて、日本の農薬規制はゆるく、TPPや貿易協定でさらにその弊害は大きくなりそうです。

     

    半田/柳澤修理つる鍋

    昨年末から依頼されていた鍋の修理ですが、展示会などが立て込んでいて、仕上げられたのはこの春。かなり以前に作ったつる鍋で、当時はまだつるが銅製。現在の真鍮製に比べると素材が柔らかいために太くしてあります。よく言えば素朴で力強い印象。修理後の写真は撮り忘れたのか見つかりませんが、もちろん綺麗に復活してお客様の手元の戻っています。

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン


    キジやクマの目撃が増えたのは、人間が引きこもっていたせいでしょうか?     新品同様に戻った両手鍋の修理

    0

      良い出来の写真ではありませんが、かなり遠方を歩く雄のキジ。春先から、例年になくたくさんのキジを見かけます。繁殖期を前に縄張りとメスを呼ぶ元気な声を聞くだけではなく、胸を張って人の前を横切って行きます。数が多く感じていましたが、もちろんカウント調査をしたわけではありません。秋の狩猟期間はとくにそうですが、この季節以外では人目に触れないように用心しているキジのオスも、春は自分の存在を力一杯アピールしています。あちこちで聞こえる鳴き声の数だけ実際にいると考えられます。

       

      この春は、キジだけではなくクマの出没が多いような気がします。町内にいるクマの数はほぼカウントされていますので、目撃例が増えたということでしょう。町内でも森林地帯に接している地域に住む私にとって、クマは以前から身近にいる野生動物です。夜の間に、仕事場の周辺を徘徊していた形跡を感じることは度々ですが、実際に遭遇することはあまり多くはありません。彼らの方から人間の気配を感じて避けているのでしょう。特に私は野生動物から警戒される何かがあるようです。森の中で大きめの木の下を通り過ぎた後、後方でどさっと何かが落ちる音で振り向くと、クマが逃げて行ったことがあります。きっと木の上で怖い思いをしながら人間が通り過ぎるのを待って飛び降りたのでしょう。本来、人間を避ける臆病なクマたちが今年はどうして目撃例が多いのか? クマが増えたのでなければ、考えられるのは逆に人間が減ったということ。クマの生息地を歩く人間が減れば、彼らは安心して身を晒しながら行動します。冬眠から醒めた頃、逆に人間は自粛自粛で引きこもり巣篭もり始め、クマはのびのびと行動できた。自粛解除で人間が増えて、遭遇する確率が高まっているのでしょう。チェルノブイリや福島原発事故で人間が減った地域では、野生動物が増えていますが、それがあちこちで一時的に起きた思われます。

       

      両手鍋の写真は、5月下旬に修理が終わったものです。強度の空焚きですが、大事に使われていたらしく、他には問題点がありませんでした。ご覧の通り新品同様、そのまま展示会に出してもおかしくない仕上がりで、お客様のところへ再出発。家で食事をする割合が増えていますので、きっと活躍していることでしょう。

       

      JUGEMテーマ:アート・デザイン


       


      オダマキってなんでしょう?   No.5092 片手鍋 浅型3カップ用

      0

        オダマキ2020

         

        5月に撮った写真ですが、つい最近まで咲き続けていました。苧環というものを知らない人にとっては、「おだおだクダ巻いてんじゃないよ〜!」とどやされているような名前ですが、まだ木綿が普及していなかった昔、麻が庶民の服だった頃のもの。私も実物は見たことがありませんので、詳しくは調べてみてください。近年は輸入された多彩な西洋オダマキが多いのですが、軽井沢の寒冷で荒れた砂地でも毎年勝手に咲いてくれますので、道端や石垣でも野生化しています。園芸種に負けない存在感と、少ししつこく感じる西洋オダマキの彩りより、こちらの方が風景にも合っています

         

        毎度おなじみの片手鍋で、雪平鍋が欲しいという方にはこれをお勧めしています。サイズはすりきり1リットルの3カップ用とすりきり1.2リットルの4カップ用を作っていますが、5カップ用というオーダーにも応じられます。あまり大きなものになると、長時間火にかけることが多く、黒檀の手が焦げやすくなります。

         

        No.5092 片手鍋 浅型3カップ用

         口径149mm  本体高さ71mm

           持ち手部全長131mm  重さ604g    

                 税込価格 ¥44,000

         

        JUGEMテーマ:アート・デザイン


        2週間あまりのお休みから復帰 No.5091 片手鍋 深型3カップ用

        0

          前の記事から1ヶ月あまりが過ぎてしまいました。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。6月前半、世間では仕事が進まないということも多かったかもしれません。もともと引きこもり仕事の私は、外に出かける誘惑が減った分、むしろ仕事は忙しくなりました。ところが16日にちょっとした出来事で、その後は後始末と再建へ向けて全く別の日常を過ごしました。仕事は2週間あまりお休み。いずれご報告しますが、7月の声を聞いて、急ぎ仕事もこのブログも再開です。

           

          5088片手鍋深3今年の春、山や野の花々は勢いよく咲いてはすぐに散ってしまたように感じました。歳のせい??確かに、恐ろしいほど時間の流れが速く感じられますが、ここはやはり自然は常に移ろい変化するものということにしておきましょう。止めようのないものならその変化を楽しむしかありません。このあやめも咲いたと思ったらしおれていました。一つの茎に二つずつ蕾がついて、ずれて咲くため、いつもならもう少し長く、花を楽しむできます。

           

          No.5091 片手鍋 深型3カップ用

           口径 126mm  深さ85mm  持ち手部全長133mm

             重さ617g        税込価格 ¥46,200

           

          JUGEMテーマ:アート・デザイン


          名前の変化、普遍性と影響  No,5089,90 コーヒードリッパー

          0

            スイセン群落前ふたつの記事で、植物の名前について触れました。いかにもと言う名前もあれば、どうしてこんなという名前もあります。地方によって異なることが多く、万葉の時代の「あさがお」は桔梗だったというように時代でも変わります。一般の文章では一つの種に色々な名前が登場するのも面白いのですが、学術的な文章では普遍的に使われる名前でないと混乱します。

             

            「新型コロナ」という呼び名が登場した時、真っ先に思い浮かべたのが昔の大衆車。「新型コロナ絶賛発売中!!」なんて感じで、広告があふれていたのではなかったでしょうか。もう40年も前になるかもしれません。今はもうコロナという名前の車はありませんが、私の仕事場を見回しただけでもコロナ社製の暖房器具が4つ。風呂釜もそうです。きっと、その会社は迷惑しているだろうなと想像できます。世界にはコロナビールもあれば、コロナという都市名町名もあります。

             

            コロナの意味は王冠。英語ならクラウンですが、「新型クラウン」と呼んだらきっと、大自動車会社からクレームがつくでしょう。世界標準では今回の感染症の名前はCOVID-19、ウィルスの名前はSARS-CoV-2。コヴィッド19とかサーズコヴ2とかで、特に呼びにくい名前でもありません。世界標準の呼び名があるのに、不快な思いや実害が生じる日本だけの名前で呼ぶことはないでしょう。インターネットで検索するときも、世界中で流れている情報から隔絶されて、日本だけの狭い情報しか見られないことになります。少なくとも、一次情報に接する機会が減ります。

             

            少し前に「新型インフルエンザ」が流行りました。今はもうその名前を聞きませんので、すでに終息したと思っている人が多いでしょうが、新型フルエンザは普通の季節性インフルエンザとして毎年多くの感染者を出しています。新型クラウンも、新型と呼ばれるのはしばらくの間で、その後は普通にクラウン。そして何年か経つとまた「新型クラウン登場!」ということになります。今回のウィルスもすでに多様な変異を遂げていますし、医学会ではさらに毒性の強い新型が登場することを恐れています。いいかげん、医学界までも日本でしか通じない「新型コロナ」の呼び方をやめた方が良いのではないでしょうか。

             

            ちょっと嫌味を書いたところで、「いつになったら新型が登場するんだ?」とお客様からお叱りを受けそうなほど、毎度同じものばかり作り続けています。名前も「昔の名前ででていま〜す」

            5089,90コーヒードリッパー左が旧来型のコーヒードリッパー 。右は一部を真鍮製に変更した新型コーヒードリッパー です。形はそのままですので、新型というよりはマイナーチェンジにすぎません。

             

            左 No.5089  全銅製 釣り台底径130mm 高さ180mm

            右 No.5090  一部真鍮製 底径130mm 高さ179mm

            各 税込価格 ¥44,000

             


             


            茜色ではないアカネスミレ?  No.5088 片手鍋 深型3カップ用

            0

              アカネスミレこの春は木々の花に比べて野の花が元気に咲いているのが目立ちます。感染症の流行で、花見や山歩きの気分にならないせいでしょうか。身近で足元の花に目がいくのかもしれません。スミレの仲間たちも、花数が多いだけではなく、色も濃い気がします。

               

              日本の風土に合っているのでしょうか、スミレにはたくさんの種類があります。それぞれの種には学名や和名と呼ばれる正式な名前の他に、昔から使われる別名や地方名、子供の間で呼ばれる可愛い名前、園芸愛好家に使われる名前など、無数にあると言っても良いでしょう。右のスミレはたぶんアカネスミレですが、まったく自信がありません。図鑑では、花の色は紅紫色とされていますので、もっと赤みがかった紫ということでしょうが、ネットで見る画像では、このような濃い青紫色のものも多数掲載されていますので、色の変化は大きいのでしょう。茜色とは随分イメージが違います。
               

              5088片手鍋深3

              オーダーで作り、もう随分前に納品した定番の片手鍋。しばらく作っていなかったので、意外に手こずりました。いくつ作っても、目をつぶってでもできるようにはならないものです。たくさん作ったものほど、求める形のイメージが出来上がっているので、仕上げ鍛ちで自分が要求するレベルが高くなるのかもしれません。どんな風に仕上がるのか、まだ未知の部分がある方がのびのびと仕事ができるということもあります。

               

              これからひと月あまり、新店舗で使う酒器のオーダーがまとまって入っていますので、当分のあいだ自由に新作に取り組む楽しさとは縁がないかもしれません。しかし、同じものをたくさん作ることは、腕を磨くにはよい試練でもあります。

               

              No.5088 片手鍋 深型3カップ用  口径124mm 本体高さ78mm

               持ち手部全長128mm  重さ616g                 税込価格 ¥46,200

               

               

              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              サクラソウとシロバナエンレイソウ    修理の依頼で垣間見る製作者の考え方と技法

              0

                サクラソウ・シロバナエンレイソウサクラソウは桜の花が終わって八重桜の頃にひっそりと咲き始めます。ぼってりと重たげな八重桜にはとてもかないませんと言っているようで、上を向いて歩いている人に自己主張しているようには見えません。手前のシロバナエンレイソウに比べても、その堂々たる葉には負けています。日本の代表的な野の花ですが、大群落と言えるようなところは、大きな川の河川敷などに限られている、というのが一般的な解説。しかし、信州の山野では、どこにでも見られます。特に、軽井沢では「町の花」とされているほど、あちらこちらに点々と広く分布しています。大きな群落として、人の手で保護されているものもありますが、種でも根株でも増えるので、庭の片隅で増やしている民家や別荘がたくさん。

                 

                江戸時代からでしょうか、サクラソウの花の色や形の変化を楽しむことが流行り、様々な品種が作られてきました。都会の人が自慢の品種を鉢植えで競い合うのはいいのですが、野生のサクラソウがある田舎にまで持ち込まれると、在来のものと交雑して元々の遺伝子が汚染されることになります。草花を楽しむのも、それぞれの場所をわきまえずに、あまり欲張るのはまずいかな、ということでしょう。
                 

                渡辺明美様片手鍋修理後COVID-19が流行し、Stay Home が強調されるようになってから、修理の依頼が増えています。それまではゆっくり炊事を楽しんだり、道具を見直したりする余裕もなく働き続けてきたのかもしれません。自分が作ったものの他に、ちょっと古い時代のものや、外国で作られたものもあります。直す人が見つからないので依頼されますが、それぞれ作った人やメーカーの考え方や製法の違いが表れていて、参考になることもいろいろあります。

                 

                この片手鍋の本体部分はたぶん、ろくろ絞りで槌目は飾りに打ってある程度ですが、持ち手はパイプ状に丸めた銅板に、先端部に丸い銅板をはめてろう付けし、さらに吊り下げるための穴を上下に貫通させてから細いパイプを通してろう付けし、最後に本体にろう付けしているようです。持ち手の方が鍋の本体部分より手をかけて作っています。その組み立て工程だけ、長いキャリアの職人さんが担当しているのかも、と想像が膨らみます。「オヌシモ ヨクヤルノ〜〜!」です。

                 

                 

                JUGEMテーマ:アート・デザイン


                姿も色も名も佳きジュウニヒトエ   No.5086,87 酒器 小

                0

                  ジュウニヒトエ今年の春は、樹々の花がいまいち、咲き始めに低温の日があったせいか、コブシなどはもともと花の少ないはずれ年なのかもしれません。それにくらべて、草の花は例年より多い気がします。右は、ジュウニヒトエですが、別荘に庭に植えられていて、大事にされているためなのか、今年があたり年なのか、花数が多く色も濃いめ。花茎が直立して目立つので、得している花です。

                   

                  花だけ見るとそっくりのキランソウは地べたを這うようにロゼット型に葉を広げて、花もその葉の間に咲かせます。丸く地面を覆うその形から、ジゴクノカマノフタなんて、ありがたくない名前をつけられています。美しい野草を見ると、すぐに採って帰る人がいますが、釜の蓋をあけると地獄の亡者達が飛び出してくるかも? それにくらべると、ジュウニヒトエは名前でも得しています。確かに姿形は名前にふさわしいかもしれませんが、色は深い青紫一色ですので、色数の多い十二単衣に例えるのは少し褒めすぎでしょう。濃密な宮廷の花というよりは、野の花の姫君と見る方がふさわしい気がします。

                   

                  5086,87酒器小作ってから随分経ちますが、記録のためにアップしておきます。酒器のまとまったオーダーを抱えていますが、その前に旧軽井沢の店に納品するために作ったものです。本来なら、常時在庫がないといけないのですが、なかなか手が回りません。

                   

                  No.5086 酒器小 口径56mm  

                   底径59mm  高さ139mm  

                   重さ302g    税込価格 ¥22,000

                  No.5087 酒器小 口径57mm  

                  底径58mm 高さ140mm  重さ300g    税込価格 ¥22,000

                   

                   

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                   


                  行きつ戻りつの春    No.5081 両手鍋 長円縁丸

                  0

                    オオヤマザクラ開花2020今年の春はなにか落ち着かない。COVID-19に翻弄されているからとばかりは言えず、季節の移ろいにも微妙な違和感があります。行ったり戻ったりの振幅が大きく、1日の中でも温度差が大きいので、外気そのままの劣悪な仕事環境にいると、しょっちゅう着替えることになります。

                     

                    環境の良いところではコブシが例年と同じ頃に咲き始めた、と思ったらいきなり低温で茶色に。その後、遅れ気味だったオオヤマザクラが開花し、二日後にはまた低温と冷風で散り始め、再び出遅れたコブシとサクラが咲いて、今もまだ少し残っています。もとよりそれは植物の勝手。花見の宴をはる予定もないのに、文句言う筋合いではない。こんな年もあったねと、そんな時代もあったねと。

                     

                    5081両手鍋長円縁丸

                    紹介し忘れていた大物1点。一月以上前に仕上げたものです。こちらの記録も、このところ行ったり戻ったり。春の陽気に浮かれて気もそぞろならいいのですが、ますますの引きこもりで時系列感覚が薄れているようです。

                    No.5081 両手鍋 長円縁丸  全長331mm  幅296mm  内径260mm  全高91mm

                      重さ1.62kg  折り返し部までの容量約2.4リットル    税込価格 ¥121,000

                     

                    JUGEMテーマ:アート・デザイン


                    春の霞は脳内にまで侵入   多機能片手鍋の修理

                    0

                      浅間山20200416今年の春は行ったり来たりを繰り返しています。花も開花の順番が狂い、一度咲き始めたコブシは氷点下5度の低温で茶色く変わり、急激に暖かくなった途端、オオヤマザクラの開花とともに仕切り直しの一斉開花。その前に、カラマツの林はもやもやっと新芽が出ています。

                       

                      夢か現か、全てが春霞をとおしてぼんやりとした印象。「春宵一刻値千金」なんて余裕もなく、絶えず寝不足のぼんやり頭。脳内霞如一刻夢。

                       

                      古賀片手鍋修理

                      今年はなぜか修理の依頼が多い。Stay Home のせいでしょうか。普段は忙しさにまぎれて手をつけられないでいたことに目がいくのかもしれません。COVID-19で暮らしや生き方を再考することになっているのかもしれません。どちらにしても、不幸中の幸いというか、それはそれで良い影響ですね。写真は、かなり前に作った4カップ用の片手鍋。今回は修理に戻ってきませんでしたが、銅蓋がついています。蓋つきで、さらに弧状の持ち手や本体の折り返しなど、いろいろ仕掛けが多く、毎日便利に使い込まれてきたようです。最近作っている片手鍋はシンプルな形状が中心ですが、盛りだくさんなものも、使う人の性格に合えば良い働きをするようです。

                       

                      JUGEMテーマ:アート・デザイン



                      Profile

                      Calender

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      Recent Entry

                      Category

                      Archives

                      Comment

                      • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
                        ひろ
                      • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
                        ひろ
                      • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
                        あい
                      • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
                        noriko hashimoto
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        寺山
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        大阪のoyaji様

                      Links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM