紅葉は進んでいますが、樹々の実りは少ない秋です       日本酒や焼酎の美味しい季節、酒器 大を5点

0

    ヤマブドウ紅葉今年はクリやドングリ(ナラの実)が少ない。初夏のサクラの実やその後のヤマボウシなど、仕事場周辺で毎年見られる木の実はどれも不作のように思えます。ヤマブドウはどうでしょうか。大きな株はないので例年でも実がなることはありません。この調子では、冬を越すための十分な脂肪をなかなか蓄積できず、クマの冬眠が遅くなりそうな予感。冬眠中に生まれる子グマは減ることになるかもしれません。クマは早くに受胎しても、母グマに十分な栄養が蓄積できていないと、冬眠中に受精卵の発育を止めて出産には至らないという話があります。

     

    複雑な紅葉を見せるヤマブドウの葉。太い葉脈の周辺はあまり赤くなりません。なんだか、血管の近くだけが元気に生きているようで、年とると末端から衰えていくんだと言われている気がします。秋の紅葉は、衰えていくところこそ美しいと、どうも年寄りの勝手な解釈です。

     

    5145~49酒器大

    酒器の大、2合用です。1合用の小と並べないと、写真だけではどちらなのか判別できません。ビールから日本酒や焼酎が美味しい季節にかわりますが、日本酒も焼酎も昔に比べると全体の水準は上がり、個性も豊かになっています。一年中、多様な楽しみかたが定着しているようです。

    No.5145,5146,5147,5148,5149  酒器 大  口径約65mm  底径約68mm

      高さ170mm  重さ約450g          税込価格 ¥26,400

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

     


     


    微妙な彩りの変化を楽しむ秋の草花    以前作った両手鍋に揃いの銅蓋を

    0

      ゲンノショウコ花と紅葉日曜日には氷点下1度。真冬にはさらに15度ほど下がるこの辺りでは、まだまだ秋後半の開始といったところ。週末には紅葉を楽しむ観光客がたくさん来て、樹々の色づきを楽しんでいましたが、私はじっと下向いて草花の秋を見る方が合っています。1cmほどの小さな花と色づいた葉はゲンノショウコ。微妙な変化、渋い彩りは生き物の秋の味わい深さを感じさせます。

       

      前の記事に、「手抜きできる性格でもなし」と書きましたが、これはすこし外れています。暮らしや趣味の場面での私は典型的な手抜き性格です。工程が多く一つ一つ段取りをこなしていかなければならないこの仕事では、途中のどこかで手抜きするとその後の段取りは手抜きを調整するために余分な手間をかける羽目に。結局はケチった時間の何倍もかけて辻褄を合わせなければならなくなります。
       

      中西恭子様4466銅蓋

      以前、市販の重たい琺瑯びきの蓋に合わせて作った小さな両手鍋に、今回は銅蓋を合わせて作りました。ご希望で蓋の膨らみは低めに。使うやすそうな感じ。本体部分もメンテナンスして新品同様に戻り、再スタートです。

       

      JUGEMテーマ:アート・デザイン


      夜来風雨の聲・・・・・雨に打たれたシオン      NO.5144 片手鍋 深型3カップ用

      0

        雨後のシオン野菊の季節も終わる。秋雨前線モドキに南からの熱帯性低気圧と大陸からの温帯性低気圧のダブルパンチで、しぶとさが身上の野菊も雨に叩かれた姿。しかし、秋の日差しが戻ればまだ一花咲かせそうな気もする。

         

        背の高いシオンには、なんだか数年の周期性が感じられます。背丈を大きく超えるほどに伸びてたっぷり花をつけた翌年は消えてしまうことが多い。よく見ると、タネから生えた10cm足らずの小さな株がいくつも見られます。一つ二つ花をつけている様子は、すこし花びらが長いノコンギクと見分けがつきません。翌年になると30〜40cmに伸びて、花もしっかり咲かせています。今年はその翌年、胸の丈ほどににびていますので、来年は最大級のシオンが見られそうです。

         

        近所の花壇にはこれから様々な色の菊が咲き始めます。以前は、今頃の季節になると公民館のロビーなどに鉢で育てた大輪の菊や、水の流れのような懸崖じたての菊が飾られていました。今年は、図書館や公民館など、人が集まる場所の閉鎖や利用制限が多く、季節の行事も減り、なんとなくのっぺりと一年が過ぎていくようです。私の仕事も、一年の真ん中で火災に遭い、作業場と道具類が全焼しましたが、一月経って本格的に仕事を再開してみると、意外なほど変化がなく時間だけが過ぎていきます。これから大きく社会が変わる予感を感じながら、さて自分はどう変えたものか、思案のしどころです。

         

        5144片手鍋深3

        特急で仕上げた片手鍋。作り慣れたものとはいえ、急いでもかかる手間暇はかわりませんし、手抜きできる性格でもなし。ですので、写真を見ても特に変わったところはありません。作り手としてはそれで満足です。

        No.5144 片手鍋 深型3カップ用  口径125mm  本体高さ78mm  重さ649g

           税込価格 ¥46,200

         

         

        JUGEMテーマ:アート・デザイン


        浅間山に初冠雪    片手鍋の注ぎ口を反対側にも作る

        0

          20201018浅間山初冠雪

          土曜日の雨が上がる頃、浅間山は雪になったようです。麓から見た初冠雪ですが、見る場所によっては「初」かどうかわかりません。日曜日は晴れて気温が下がり、夜半から月曜日に変わる頃、1度まで下がりました。もちろん、そんな時間に起きていて観測したわけではありません。今朝、気象庁のデータを見て、気象庁の観測地点より標高が高い仕事場の気温を推定した結果です。のっぺりと変化が乏しい傾斜地ですので、地形による気温のばらつきは少なそう。

          2020浅間初冠雪アップ

          アップにして見ると、山頂付近はこんな具合でした。昨日朝のうちに撮れば、綺麗に薄化粧した状態だったのでしょうが、昼間の日差しで融けかけて溝の部分だけに雪が残った有様は、はげかけた化粧が小じわに残っているようで、ちょっと悲しい気もします。音もなく、ふわっと浮き上がって来た煙はご愛嬌。里は秋本番、山は冬の到来です。

           

          来年2月の展示会企画が決まり、火災後の復帰は態勢が整ってきましたが、一ヶ月のブランクでたまったオーダーに今も追われています。いわゆる生活習慣病、昔は成人病と言われた病気をいくつか抱えていますが、どれも生活習慣や加齢で起きたものではなく、若い頃から先祖由来の遺伝体質が原因。一ヶ月仕事を中断すると、取り返すのに一年かかるということでは、ごまかしなだめすかして付き合っていくしかなさそうです。

           

          西田様片手鍋修理

          綺麗な状態で使われて来た片手鍋ですが、持ち手の釘がぬけかけていて、この機会に内部の錫引きと注ぎ口を反対側に増設する手直しを依頼されたものです。右利きの人は右手で持った時に左側に注ぎ口があるのが自然だと考えがちですが、右手にお玉や菜箸を持つと鍋は左手で持つことになります。持ち替えなくてもそのまま注げるように、左手用で作ったり、反対側にも口をつけることがあります。今回のように、後から増設することも可能です。

           

          JUGEMテーマ:アート・デザイン


          紅葉より果物売り場が華やかな秋、今朝の気温は5度。       片手鍋の黒檀持ち手から原因不明の異臭が

          0

            ニシキギ2020109月から10月へと移る頃に記録した低温で、サクラやウルシの紅葉は進みましたが、その後気温は回復して穏やかな初秋の気配。紅葉の大本命、カエデは枝先や部分的に赤くなり始めていますが、「紅葉の錦」という状態はまだまだ。山栗の実が落ち始めて、むしろ食欲の秋が先行。果物売り場はブドウ、ナシ、カキ、リンゴ・・地元の果物で溢れています。隣町までは盛んな果樹栽培も、軽井沢は寒すぎてこれらナリモノと呼ばれる農産物には縁がなく、観光客に人気があるブルーベリーの収穫は終わってしまいました。

             

            天津甘栗ぐらいの小さな山栗と、そのままではほとんど食べるところがなく酸っぱい山葡萄、山梨(イワナシ?)・・・「山」がつく野生の果物は採れます。利用するには手間暇がかかり、食べ盛りの子供が山野を駆け巡ることが少なく、年寄りはキノコ採りで下ばかり向いているので、野生の恵みは忘れられがち。放射能が降ったあと、あまり目がいかなくなったこともあります。写真は生垣にも利用される低木のニシキギ。雨の日が多かったせいか、葉の紅葉もまだらで、実も少なめ。華やかさより、大人の渋さといった風情です。熟した実は鳥が食べるようですが、私は食べてみたことがありません。今日は5度を切る気温に下がり、いよいよ秋本番です。
             

            木田様片手鍋修理少し前に修理した片手鍋。外側は銅地金のままで、内側の錫引きと傷んだ持ち手を新調しました。問題はその持ち手の黒檀素材。修理が終わって届いた持ち手から魚が腐ったような異臭がするという連絡です。しばらく様子をみてもらいましたが臭いが消えず、返送。戻ってきた持ち手から確かに臭いがします。一晩おくとかえって強まる感じ。切り出した残りの黒檀の板は臭いがせず、仕上げに染み込ませた植物油も臭いません。いろいろな可能性を調べましたが、結局は原因がわからない。別の黒檀板から新しく切り出した素材で持ち手を作り直し、3日ほど臭いが発生しないことを確かめてから再出荷。今までそんなことはなかったのですが、もしお使いの片手鍋から異臭がするようでしたら、ご連絡ください。

             

             

            JUGEMテーマ:アート・デザイン


            ニセXX、イヌOO、XXモドキというネーミング          No.5143 片手鍋 深型3カップ用

            0

              キクイモとキクイモモドキ生物の名前ではよく、ニセXX、イヌOO、XXモドキなどと、不名誉な表現があります。これが人間なら明らかに差別的表現とされるでしょう。特に多いのがイヌが頭につく植物名。犬にも失礼ですが、ネコジャラシやネコノメソウのように猫がついても差別的扱いではないところは、一方的に犬が損をしています。

              写真左はキクイモモドキ、右は本家のキクイモ。今年はキクイモの花が少なく、花びらも痩せていますが、例年でもモドキの方が花数と花びらが多く華やかです。花期も、夏に咲くモドキが終わる頃にキクイモが咲き始めます。花だけを比べるとモドキの方が本家を名乗っても良さそうですが、理由はどうやら人目には触れない地下の根にあるらしい。キクイモの方は名前の通り根茎が芋状にふくらんで食べられます。しかも、果糖の原料にされたり、血糖値を下げる働きもあるという。秋の終わり頃、野菜売り場で売られていることがあります。名前なんて、人間の都合でつけられるものなので、しかたありません。ついでに言いますと、イモというのも時には差別的に使われます。万葉の時代ならともかく、いまどきの若い女性へ呼びかけに使おうものなら、後のことは保障しかねます。

              5143片手鍋深3

              いつもより口径を絞り込んでいますが、と言ってもせいぜい数mmの違い。印象としては、お尻がふっくらと張っているという方が当たっているかもしれません。ミルクパンとしては、表面にできる膜が小さい方が良いので口径を絞り込みますが、片手鍋浅型のように、汁物や煮物にも多用する場合は、口径をあまり小さくすると使いにくくなります。

               

              No.5143 片手鍋 深型3カップ用  口径122mm  本体高さ78mm

               持ち手全長132mm 木部長100mm   重さ623g   すりきり容量約950ml         

               税込価格 ¥46,200

               

              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              穏やかな秋の光を浴びる赤とんぼ            No.5142 片手鍋 浅型3カップ用

              0

                赤とんぼメス一昨日、9月最後の朝は4度の寒さ。ストーブの上にヤカンや鍋がのる、秋本番の到来です。9月の中頃に登った蓼科山では、まだ山頂で群れていた赤とんぼ(アキアカネ)も里に降りてきて、日向ぼっこ。これから産卵場所を探すのでしょう。田んぼの刈り入れが進んでいます。

                 

                今年は秋の訪れが早い。残暑の期間がほとんどなかった気がします。夏の終わりにヒグラシの声を聞く夕べも、カンタンの声をゆっくり聞く夜も短く、駆け足で秋本番へ。春の光は色とりどりの花の上で踊るように感じますが、時の流れを照らして、おだやかに返ってくるのが秋の光。静かに読書といきたい心境ですが、腹も減る季節ですね。

                 

                5142片手鍋浅3ちょっと深めに仕上げた片手鍋の浅型 3カップ用です。感染拡大にともない流通がストップすると困るので、多めに仕入れた黒檀の材料を6月の火事で焼いてしまい、その後に新たに仕入れたものから削り出した持ち手。縞模様が好まれますが、品質的には真っ黒な方が上等とされています。クラリネットの素材とされるぐらい狂いが少なく、鍋の持ち手にはちょっと贅沢ですが、片手鍋は特に使用頻度が高く、水やお湯をかぶったり熱にさらされたりする過酷な条件下での使用に耐える素材です。

                 

                No.5142 片手鍋 浅型3カップ用

                 口径146mm 本体高さ74mm

                 全長283mm  重さ614g  

                 すりきり容量約1000ml (5カップ)                税込価格 ¥44,000

                 

                JUGEMテーマ:アート・デザイン


                2度目の年越しに挑戦するピーマンは、いつ木になれるのだろうか?      No.5141 小さな両手鍋 銅蓋タイプ

                0

                  ピーマン二年目二年目のピーマン。日当たりが悪く、夏になってやっと花が開いて、今ごろ実が熟しています。もちろん、収穫適期ははとっくに過ぎて、中ではタネが大きくなっているかもしれません。去年は一つ二つ食べたような記憶が。家庭菜園とも呼べないような鉢植えで、去年の春にパセリとピーマンを育てたのですが、パセリの方は鉢を家に入れた冬の間も時々つまんで利用していました。春になって鉢を外に出すと、パセリは花茎が立ち上がり、その後役目を終えた株は枯れてしまいました。

                   

                  ピーマンはこのまま生き続けると木になるのでしょうか。唐辛子などの仲間は気候さえ良ければ何年も生き続けることがあるようです。木になるなら見届けてみようかと。これ、ダジャレのつもり。今頃、パセリの苗は売っていないでしょうし、何かほかのものも寄せ植えしないと、これだけでは寂しい。屋内で冬越しさせるなら、時々つまんで利用できる唐辛子の方が良かったかもしれません。そろそろ、朝の最低気温が10度を切りそうな気配。霜が降りる前に移動させなければなりません。
                   

                  5141両手鍋基本形

                  小さな両手鍋 銅蓋タイプ。これ、意外に人気があります。確かに出番が多い。ご飯やみそ汁は炊きたて作りたてが一番美味しいので、ぴったりサイズでまめにという人が多い。私のようになんでも3日分は作り置きという人でも、毎回何か一品は新しいものをということもあります。小さいと言ってもすりきり6カップ入りますので、実用上4カップとしても二人家族一回分は十分できます。一合半のご飯が楽々炊けます。なお、もう一回り小さなものもオーダー可能です。

                  No.5141 両手鍋 銅蓋基本形  口径158mm  本体高さ78mm  全高165mm

                   全重1.09kg   すりきり容量約1.2リットル  税込価格 ¥78,100

                   

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  ちょっと狂い咲き気味のツユクサは春の色        No.5140 両手鍋 銅蓋

                  0

                    ツユクサ202009ツユクサの花期は6〜9月、夏の花と書かれている。今、仕事場の周囲であちこちに咲いています。空はどんよりと暗くても、露に濡れた葉の上で空色の花が輝いている。今朝の気温は13度で、軽井沢の9月下旬はすでに夏とは言えず、桜の紅葉も始まっています。一斉に狂い咲きの感がありますが、オヤっと思う人は少ないようです。野菊の季節で、今頃の花も葉もどことなくサビを含んだような渋さがありますが、ツユクサの花も葉も濁りのない原色そのままといった色合い。どちらかというと、春を感じさせます。

                     

                    広めのハート型を縦に折りたたんだような苞葉の中から、花軸を伸ばして咲いています。花が二つ縦に並んで咲いていることが多いので、苞葉の中に二つずつ蕾があるのかと思いまだ暗い中、懐中電灯を頼りに摘んで調べてみました。明るくならないと花は咲かず、夕方には枯れてしまいますので、早朝は花がありません。苞葉の中には二つだけではなく、3〜4個の花が用意されているものもあります。中で緑色のタネになっているものもあります。花が狐の顔に見えるという子供がいますが、咲くときだけ朝日とともに顔を出して、夕方には引っ込んでしまう狐さんということ。外来種のムラサキツユクサは3弁の花なのにこちらはどうして2弁?と思いますが、雄しべ雌しべの下に目立たない白い花弁があります。

                     

                    5140両手鍋基本形

                    両手鍋の銅蓋タイプといえば、すりきり2.5リットルのこのサイズが標準なのですが、夏の軽井沢に向けて一回り大きいサイズと小さいサイズを作ったため、標準サイズは秋まで持ち越してしまいました。昭和の中頃までは6〜7人が家族の標準サイズ。その後は核家族化で4人が標準。今は標準というものがなくなって、多様な家族構成が当たり前。鍋のサイズも一人用から7〜8人用まで、いろいろな要望があります。

                     

                    No.5140  両手鍋 銅蓋基本形  口径199mm 本体高さ94mm 全高205mm

                      全重1.90kg  すりきり容量約2.5リットル  税込価格 ¥121,000

                     

                    JUGEMテーマ:アート・デザイン


                    焼け跡の枯れ枝で巣立ったヒナに餌を与える親スズメ     No.5139 つる鍋

                    0

                      すずメの親子2作業場が南側の隣家からの火災で延焼してすでに3ヶ月。焼け跡の横には東隣の家の庭に立つ木々が、熱風で焦げたままになっています。きっと来年の春には芽吹くだろうと思いますが、その前に焼け残った枝に親子のスズメがやってきました。軒裏の隙間に巣を作り、子育てした結果でしょうが、親より大きく見える雛が2羽。まだ親から餌をもらっています。巣立って間もない様子で羽をふるわせておねだりしています。羽毛がふくらんでいるせいかもしれませんが、巣立ちの頃の雛は親より大きく、体重も重いことが多いようです。飛ぶための強い羽を一気に作り、筋力も強くするためでしょうか? 親の餌運びも忙しそうです。

                       

                      今年は数日前にジョウビタキを見ました。いつもよりちょっと早い気もします。若鳥とメスを見かけたあと、数時間後に綺麗なオスも見ましたが、同じ家族かどうかはわかりません。まだ、樹々の葉も緑で、あちこちに花が咲いている時期のジョウビタキはあれっ!、もう来たのという感じです。

                       

                      5139つる鍋

                      小ぶりのつる鍋。一人で鍋焼きうどんでしょうか? 湯豆腐、肉じゃがとか麻婆豆腐とかもいいですね。実用上4カップはOKです。

                       

                      No.5139 つる鍋 (木蓋がつきます) 口径171mm  本体高さ78mm 重さ678g

                       税込価格 ¥55,440
                       



                      Profile

                      Calender

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      Recent Entry

                      Category

                      Archives

                      Comment

                      • 春の雪は湿っぽくて重たい  No.4816,4817 酒器 大小
                        ひろ
                      • 春の雪にまだ硬く防寒態勢のオオヤマザクラの花芽 No.4808,09 銀流し銅酒器 小大
                        ひろ
                      • 銅蓋につく真鍮のつまみ/工程と形について  The brass knob of copper pot lid / About the shape and the production process.
                        あい
                      • 夏2題 台風一過の夕空と高原のアサギマダラ
                        noriko hashimoto
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        寺山
                      • No.4030方形鍋とNo.4004卓上炉
                        大阪のoyaji様

                      Links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM